提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「果樹新品種マッチングセミナー」果樹消費拡大のためには何が必要かを検討

2019年12月20日

「果樹新品種マッチングセミナー」果樹消費拡大のためには何が必要かを検討

 農研機構果樹茶業研究部門が主催した「果樹新品種マッチングセミナー」が12月2日に東京都台東区で開催され、研究者、実需者、生産者、中間業者、消費者等約70名が参加し、それぞれの立場から国産果実の消費拡大を考えた。 ●セミナー1:「農研機構に … 全文を読む>>

(北陸農政局)「北陸地域環境保全型農業・有機農業推進セミナー」の概要を掲載

2019年12月20日

北陸農政局は、12月9日(月)に開催された「北陸地域環境保全型農業・有機農業推進セミナー」の概要をホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(農研機構)ため池の耐震診断を低コスト・短期間で行える手法-本格的な詳細診断の要否を判断-

2019年12月20日

農研機構は、一般的な土質試験だけで強度低下を推定するモデル(以下、強度低下モデル)を作成し、地震時のため池沈下量を予測する手法「SIPニューマークD法」を開発した。 この手法は、「ため池防災支援システム」に組み込まれ簡易な条件設定で概略的な診断(一次スクリーニング)を行うことが可 … 全文を読む>>

令和元年産米の相対取引価格・数量について(令和元年11月)

2019年12月19日

農林水産省は、令和元年産米の「相対取引価格・数量(令和元年11月)」について取りまとめた。 令和元年11月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,690円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で17万tとなっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

愛知県におけるCSFの患畜の確認(国内51例目)について

2019年12月18日

12月17日、愛知県田原市の農場においてCSFの患畜が確認された。 所在地 :愛知県田原市 飼養状況:1,754頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の結果(農林水産省関係)について

2019年12月18日

農林水産省は、令和元年12月2日(月)から12月15日(日)まで、マドリード(スペイン)で開催された「気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」等の農林水産省関係の結果について公表。 今次会合に併せて、COP23で決定された「農業に関するコロニビア共同作業」に基づき、持続 … 全文を読む>>

「令和元年度 農研機構マッチングフォーラムin東北 講演要旨集」を掲載

2019年12月18日

農研機構は、令和元年12月4日(水)に開催された「令和元年度 農研機構マッチングフォーラムin東北(自給飼料とスマート畜産が拓く畜産業の未来~ 新たな飼料生産技術が生み出す地域連携と展望 ~ )講演要旨集」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(農林水産省)令和元年度農林水産関係補正予算の概要について

2019年12月17日

農林水産省は、12月13日閣議決定された令和元年度補正予算について、概要を取りまとめ公表した。総額は5,849億円。うち災害からの普及・復興等関連予算は2,144億円としている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農林水産省)2020年農林業センサスを開始

2019年12月17日

農林水産省は、全国一斉に「2020年農林業センサス(令和2年2月1日現在調査)」を実施。 農林業センサスは、農林業の"今"を知り、"未来"へつなげるための統計調査で調査結果は、令和2年11月30日までに概要を公表し、その後、随時報告書を刊行する予定となっている。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

ベトナム向け日本産りんご生果実の新たな植物検疫条件での輸出解禁について~産地が取り組みやすい条件での輸出が可能となる~

2019年12月16日

日本産りんご生果実のベトナム向け輸出について、袋かけ等の植物検疫条件が課されていたが、日ベトナム間の植物検疫協議の結果、袋かけを必要としない新たな植物検疫条件により、日本産りんご生果実の輸出が解禁されることとなった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>