提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和元年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(1月8日)

2020年1月 9日

米穀安定供給確保支援機構は、主要産地における令和元年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(第5報)、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

沖縄県におけるCSFの患畜の確認(国内52例目)および疑似患畜の確認(国内53例目)について

2020年1月 8日

●CSFの患畜の確認(国内52例目) 1月8日、沖縄県うるま市の農場においてCSFの患畜が確認された。 所在地 :沖縄県うるま市 飼養状況:393頭 ▼詳細はこちらから ●CSFの疑似患畜の確認(国内53例目) また、1月8日、国内52例目となるCSF発生農場に隣接する沖縄県うる … 全文を読む>>

(日本草地畜産種子協会)令和2年播種用飼料用イネ種子の当用販売について

2020年1月 8日

(一社)日本草地畜産種子協会は、令和2年播種用飼料用イネ種子の当用販売を開始した。受付期間は1月31日(金)まで。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

令和元年産米の農産物検査結果(速報値)(令和元年11月30日現在)

2020年1月 7日

11月30日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で3,929.1千tで、10月31日現在と比べ481.5千t増加。 水稲もち玄米は145.5千tで、10月31日現在と比べ40.3千t、醸造用玄米は85.9千tとなり、22.9千t増加している。 水稲うるち玄米の3,929.1千tは、3 … 全文を読む>>

津軽西北地域スマート農業技術・開発実証プロジェクト成績検討会の開催

2020年1月 6日

津軽西北地域スマート農業技術・開発実証プロジェクト成績検討会の開催

~冷害を回避し多収を実現する大規模水田作スマート農業の実証(津軽西北地域)~    12月5日、青森県産業技術センター農林総合研究所において、「津軽西北地域スマート農業技術・開発実証プロジェクト成績検討会」が行われた。  実証代表機関からの … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(令和2年1月)

2020年1月 6日

令和2年1月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号1月号をホームページに掲載

2019年12月27日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号1月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『豪州における生乳生産を取り巻く現状と今後の見通しについて』(調査情報部 菅原由貴、佐々木勝憲)  豪州は、日本にとってチーズや脱脂粉乳など主要な乳製品の輸入先国であり、その生乳生産の動向 … 全文を読む>>

令和元年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(令和元年11月末現在)

2019年12月27日

農林水産省は、令和元年産米の「産地別契約・販売状況(令和元年11月末)」、「民間在庫の推移(令和元年11月末)」等について取りまとめた。 ●令和元年11月末現在の全国の集荷数量は233万t、契約数量は185万t、販売数量は44万tとなっている。 ●令和元年11月末現在の全国段階 … 全文を読む>>

「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」及び「スマート農業加速化実証プロジェクト」の公募について

2019年12月26日

農研機構は、「スマート農業」の社会実装の加速化に資するよう、昨年度から農林水産省による予算措置を受け、本事業に取り組んできた。 次年度についても、令和元年12月現在で政府概算決定された「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(令和元年度補正予算)及び「スマート農業加速化実証プ … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号1月号をホームページに掲載

2019年12月26日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号1月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『インショップ型地産地消の取組実態 ~NPO法人「のら倶楽部」(愛媛県松山市)の活動事例から~』  (愛媛大学 社会共創学部 特命教授 香月敏孝)  愛媛県は県内に展開している大型農産物直売 … 全文を読む>>