提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農林水産業の現場ニーズに対応する技術提案の募集(第2回)について

2019年11月 1日

わが国の農林水産業を成長産業化し、農林水産業者の所得向上を図っていくためには、現場のニーズを踏まえ、新たな技術の活用により現場にイノベーションを起こし、生産性の向上や省力化、高付加価値化等を進めていく必要がある。農林水産省では、品目別、作業ステージ別に、現場で求められている技術ニ … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(令和元年11月)

2019年10月31日

令和元年11月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

令和元年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移等について(令和元年9月末現在)

2019年10月31日

農林水産省は、令和元年産米の「産地別契約・販売状況(令和元年9月末)」、「民間在庫の推移(令和元年9月末)」等について取りまとめた。 ●令和元年9月末現在の全国の集荷数量は79万t、契約数量は142万t、販売数量は10万tとなっている。 ●令和元年9月末現在の全国段階の民間在庫は … 全文を読む>>

令和元年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の作付面積

2019年10月31日

●大豆の作付面積は14万3,600haで、前年産に比べ3,000ha(2%)減少した。 ●小豆の作付面積は2万5,500haで、前年産に比べ1,800ha(8%)増加した。 このうち、主産地である北海道の作付面積は2万900ha(全国の約8割)で、てんさい等からの転換により、前年 … 全文を読む>>

埼玉県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内47例目)について

2019年10月30日

10月30日、国内46例目の移動制限区域内にあり監視対象となっていた埼玉県本庄市の農場において、豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :埼玉県本庄市 飼養状況:865頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(九州農政局)管内の有機農業取組事例を公表

2019年10月30日

九州農政局は地方で初めて、新たに有機農業に取り組む農業者や慣行栽培からの有機農業への転換を志向する農業者に、農業現場における有機農業の取組みを知ってもらうことを目的に、「九州農政局管内の有機農業取組事例」を取りまとめ、ホームページに掲載した。 「九州農政局管内の有機農業取組事例」 … 全文を読む>>

令和元年10月11日から同月14日までの間の暴風雨及び豪雨による災害に係る激甚災害の指定について

2019年10月29日

令和元年10月11日から同月14日までの間の暴風雨及び豪雨による災害を激甚災害に指定し、併せて当該災害に対し適用すべき措置を指定するための政令が10月29日(火)に閣議で決定された。11月1日(金)に公布・施行予定となっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(令和元年9月分)

2019年10月29日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(令和元年9月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,305g。うち「家庭内消費量」は2,844g、「中食・外食の消費量」は1,461g ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などから無償で入手」 … 全文を読む>>

「スマート農業を目指す先端技術フェアin愛知」出展募集を開始

2019年10月28日

農林水産技術会議主催の「スマート農業を目指す先端技術フェアin愛知」において、出展募集を開始した。 ●開催日時 :1月28日(火)~1月29日(水) ●場所   :名古屋国際センター別棟ホール (名古屋市中村区那古野1-47-1名古屋国際センタービル3F) ●出展料  :無料 ● … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号11月号をホームページに掲載

2019年10月28日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号11月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『人工光型植物工場の現状と展望~市場拡大が野菜生産に与える影響は~』  (農業ジャーナリスト/新潟食料農業大学 非常勤講師 青山浩子)  スーパーの野菜売り場で植物工場産レタスを目にする機 … 全文を読む>>