提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号10月号をホームページに掲載

2019年9月27日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号10月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『八百屋という強みを生かし、地域で営む子供食堂 ~「気まぐれ八百屋だんだん」を事例に~』  (調査情報部 村野恵子)  近年、地域住民などによる無料または安価で栄養のある食事や温かな団らん … 全文を読む>>

中山間地域の土地利用型野菜輪作体系におけるスマート農業現地検討会の開催(岩手県岩手町)

2019年9月27日

中山間地域の土地利用型野菜輪作体系におけるスマート農業現地検討会の開催(岩手県岩手町)

 当地区で取り組んでいるスマート農業技術を広く知らせるため、9月18日(水)、(株)アンドファーム鳩ノ巣圃場において、現地検討会が開催された。岩手県園芸産地改革戦略会議および岩手県農業普及技術課の主催で、約70名の参加があった。  はじめに … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号10月号をホームページに掲載

2019年9月26日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号10月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『タイにおける牛乳・乳製品の需給動向』(調査情報部 小林智也、佐々木勝憲)  タイにおいては、経済発展による食の多様化、欧米化が進展し、牛乳・乳製品の需要が拡大しているものの、国内生産量 … 全文を読む>>

(農研機構)「大麦シフォンケーキマニュアル」を掲載

2019年9月26日

農研機構は、大麦の水溶性食物繊維(β-グルカン)の健康機能性を活かした大麦シフォンケーキの作り方や関連情報を取りまとめた資料「大麦シフォンケーキマニュアル」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)による災害における「大規模災害時の災害査定の効率化」の適用について

2019年9月25日

農林水産省は、令和元年8月から9月の前線に伴う大雨(台風第10号、第13号及び第15号の暴風雨を含む。)による災害が激甚災害(本激)に該当する見込みであると発表されたことに伴い、全国の農地・農業用施設、林道、共同利用施設の災害復旧事業を対象として、「大規模災害時の災害査定の効率化 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)加工・業務用野菜需要構造実態調査に関する調査を更新

2019年9月25日

(独)農畜産業振興機構は、ホームページ掲載の加工・業務用野菜需要構造実態調査に関する調査を更新した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内45例目)について

2019年9月24日

9月22日、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた岐阜県恵那市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :岐阜県恵那市 飼養状況:8,060頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

食品に関するリスクコミュニケーション「これまでを知り、これからを考える~食品中の放射性物質~」

2019年9月24日

「これまでを知り、これからを考える」をテーマに、放射性物質の基礎知識や、流通している食品中の放射性物質の現状について、専門家・行政からの情報提供を行った後、生産者、事業者等の関係者とともに、消費者が普段の生活の中で抱いている疑問や不安について、宮城県、福岡県、京都府、東京都におい … 全文を読む>>

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」現地検討会および中間推進会議を開催(岩手県岩手町)

2019年9月24日

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」現地検討会および中間推進会議を開催(岩手県岩手町)

 9月2日(月)、「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」の主催で、現地検討会と中間期の推進会議が開催された。 「現地検討会」  午前に(株)アンドファームの実証圃場において行われた検討会では、はじめに八幡平農業改良普及センターの中 … 全文を読む>>

食料生産~消費がもたらす窒素負荷の長期変遷 -窒素フットプリントから考える食の選択-

2019年9月20日

農研機構は、日本の食料消費に伴って国内外の環境中で生じている窒素負荷(=食の窒素フットプリント)の長期変遷を初めて明らかにした。 本成果は、食品ロスを減らし、日本人の食事摂取基準に沿った食生活を送ることが地球環境問題解決の大きな鍵となることを示しており、「食育」などを通じて、窒素 … 全文を読む>>