提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成31年度戦略的プロジェクト研究推進事業の公募について

2019年1月24日

農林水産省は、平成31年度「戦略的プロジェクト研究推進事業」の公募を1月22日から開始した。3月13日(水)17:00締切。 公募課題 ●現場ニーズ対応型研究 (1)直播栽培拡大のための雑草イネ等難防除雑草の省力的防除技術の開発 (2)南西諸島の気候風土に適した高収益品目の検討及 … 全文を読む>>

(関東農政局)ジビエ(野生鳥獣肉)に関する消費者の意識及び意向調査

2019年1月24日

関東農政局は、ジビエについての意識、印象、求めるもの等について、関東農政局管内に在住する農林水産情報交流ネットワーク事業の消費者モニターを対象に実施したものであり、消費者モニター187名から回答を得た結果をまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(東海農政局)「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新

2019年1月24日

東海農政局は、「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新し、ホームページに掲載した。 「図でわかる東海3県の農業」は、農林水産統計調査結果を用いて図と簡単な解説により、岐阜、愛知、三重の東海3県の農業の姿がわかるように作成されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(平成31年1月号)の公表

2019年1月22日

農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成31年1月号)」について取りまとめた。 ●平成29年産で137万tあった事前契約数量は、平成30年産では8%増の148万tとなっている(平成30年11月末現在)。 ●平成3 … 全文を読む>>

平成30年産米の相対取引価格・数量について(平成30年12月)

2019年1月22日

農林水産省は、平成30年産米の「相対取引価格・数量(平成30年12月)」について取りまとめた。 平成30年12月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,696円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で25万tとなっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成30年12月分)を公表

2019年1月21日

米穀安定供給確保支援機構は、POSデータをもとにした精米価格等の情報(平成30年12月分)を公表。特記事項は以下の通り。 (1)平均価格(税込)は、411円/kg(対前月▲+5円、同前年同月+5円)となり、前年同月比では38カ月連続して前年を上回っている。販売数量は50.8(kg … 全文を読む>>

書籍紹介『野菜を守れ! テントウムシ大作戦』

2019年1月17日

書籍紹介『野菜を守れ! テントウムシ大作戦』

 新聞記事で見つけた農業系高校の"昆虫園"公開を訪れた筆者は、かたすみに展示された風変わりな掃除機に目を止め、高校生の自由な発想に心動かされた。それが始まりだった。  農作物を食べてしまう畑の害虫・アブラムシをやっつけるために「新しい天敵農 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)野菜の需給価格動向レポート(平成31年1月15日版)」を掲載

2019年1月16日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の需給・価格動向レポート(平成31年1月15日版)」を公開。主要野菜の生産出荷状況、野菜の輸出入動向を掲載している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成30年産もも、すももの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2019年1月16日

●ももの全国の結果樹面積は9,680haで、前年産並みとなった。収穫量は11万3,200t、出荷量は10万4,400tで、前年産に比べそれぞれ1万1,700t(9%)、1万700t(9%)減少した。 ●すももの全国の結果樹面積は2,780haで、前年産に比べ30ha(1%)減少し … 全文を読む>>

(日本茶輸出促進協議会)茶における各国の農薬残留基準値を掲載

2019年1月14日

日本茶輸出促進協議会は、茶における各国の農薬残留基準値(2018年11月26日付)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>