提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成30年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)

2020年1月17日

●都道府県別(上位5道県) 平成30年における農業産出額の上位5道県は、以下の通り。 1位 北海道 1兆2,593億円 (対前年増減率1.3%減少) 2位 鹿児島県  4,863億円 (同2.7%減少) 3位 茨城県   4,508億円 (同9.2%減少) 4位 千葉県   4, … 全文を読む>>

平成30年農業総産出額及び生産農業所得(全国)

2020年1月17日

●農業総産出額は、近年、米、野菜、肉用牛等における需要に応じた生産の 進展等を主たる要因として増加傾向で推移しており、平成27年以降は3年連続で増加してきた。平成30年は、野菜(葉茎菜類)、豚、鶏卵等において生産量の増加から価格が低下したこと等により、前年に比べ2,184億円減 … 全文を読む>>

熟練農業者の「匠の技」が学べる!学習システム等を紹介

2020年1月17日

熟練農業者の経験や勘に基づく高度な技術、「匠の技」をICTにより「見える化」し、学習システムとして提供することで、高度な技術の継承や新規就農者の技術習得の早期化が期待されている。 農林水産省は、農林水産省補助事業で開発・導入された学習システムや管理システムをホームページで紹介する … 全文を読む>>

沖縄県におけるCSFの疑似患畜の確認(国内55例目)について

2020年1月17日

1月15日、国内52例目、53例目及び54例目の移動制限区域内にあり監視対象となっていた沖縄県うるま市の農場においてCSFの疑似患畜が確認された。 所在地 :沖縄県うるま市 飼養状況:1,825頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農業データ連携基盤)農林水産省が提供するID付与済み筆ポリゴンのAPIを公開

2020年1月16日

農業データ連携基盤WAGRIは、農林水産省が提供するID付与済み筆ポリゴンのAPIを公開した。 これにより、様々なデータと筆ポリゴンとの紐づけが容易になり、筆ポリゴンの利活用の幅が広がることが想定される。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

沖縄県におけるCSFの疑似患畜の確認(国内53例目の関連農場)について

2020年1月14日

1月11日、国内53例目の疫学関連農場であり監視対象となっていた沖縄県沖縄市の農場においてCSFの疑似患畜が確認された。沖縄県におけるCSFの発生は、3事例6農場となる。 所在地 :沖縄県沖縄市 飼養状況:332頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号1月号をホームページに掲載

2020年1月14日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号1月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『EUのでん粉生産の状況~ばれいしょでん粉を中心に~』(調査情報部 岡千晴、佐々木勝憲)  EUのばれいしょでん粉生産について、ドイツとデンマークを中心に報告します。 詳細はこちら … 全文を読む>>

国産ジビエ認証施設の第10号認証について(早川町ジビエ処理加工施設)

2020年1月14日

国産ジビエ認証制度に係る認証機関により、国産ジビエ認証施設(第10号)として、(株)YAMATOが運営する食肉処理施設「早川町ジビエ処理加工施設」(山梨県早川町)が認証された。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

沖縄県におけるCSFの疑似患畜の確認(国内54例目)について

2020年1月10日

1月10日、国内52例目及び国内53例目の移動制限区域内にあり監視対象となっていた沖縄県沖縄市の農場においてCSFの疑似患畜が確認された。 所在地 :沖縄県沖縄市 飼養状況:2,809頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

第3回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議の開催

2020年1月10日

 第3回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議の開催

~千葉県香取地域における大規模水田輪作体系のスマート農業実証~  12月19日、千葉県神崎町において「第3回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議」が開催された。  はじめに(農)神崎東部圃場で現地検討会が行われ、有人・無人自動運 … 全文を読む>>