提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「食品製造業における労働力不足克服ビジョン」の公表

2019年7月12日

農林水産省では、食品製造業において深刻化している労働力不足や人材確保難を克服する方策を検討するため、食料産業局長が主催する「食品産業戦略会議」を昨年の11月から10回にわたり開催した。 同会議では、先進的な取組を行っている事業者や専門家からのヒアリング結果を参考にして議論を行い、 … 全文を読む>>

遺伝子組換えカイコの第一種使用等に関する審査結果についての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

2019年7月12日

農林水産省は、遺伝子組換えカイコの一般使用に関する承認申請1件を受け、生物多様性影響評価を行った。その際、学識経験者からは、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得た。この意見を踏まえ、申請書類に記載されている内容の妥当性を確認し、審査報告書をまとめた。これらの審査報告書 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号7月号をホームページに掲載

2019年7月12日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号7月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『長崎県五島市におけるICTなどを活用した鳥獣被害対策について』 (五島市 農業振興課 畜産・鳥獣対策班)  長崎県五島市では、近年イノシシによる水稲やかんしょへの被害対策として、 … 全文を読む>>

(九州農政局)九州地域の農業関係雇用支援に関する情報を更新

2019年7月12日

九州農政局は、ホームページ内「農山漁村における雇用相談」コーナーの九州地域の農業関係雇用支援に関する情報を更新した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農研機構) 平年よりかなり低い気温が続く予報

2019年7月11日

農研機構東北農業研究センター水稲冷害早期警戒システムにおいて、7月11日時点の推定では、太平洋側で出穂日が平年に比べて5日~10日遅れ8月上中旬になることを予測している。 これから低温に弱い幼穂形成期(出穂20~25日前頃)、減数分裂期(出穂7~14日前頃)を迎える地域では、各県 … 全文を読む>>

「令和元年度 病害虫発生予報第4号」を発表

2019年7月11日

農林水産省は、令和元年度病害虫発生予報第4号を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●水稲では、斑点米カメムシ類の発生が北海道、北東北及び北陸の一部の地域で多くなると予想されている。水田の観察を行い、発生状況に応じて適期に防除を実施す … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和元年産水稲の生育状況等について (7月9日取りまとめ)

2019年7月11日

米穀安定供給確保支援機構は、7月9日に取りまとめた主要産地における令和元年産水稲の生育状況等について(第8報)、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内31例目)について

2019年7月10日

7月10日、野生イノシシ陽性確認地点から10km内にあり監視対象となっていた岐阜県加茂郡七宗町において、豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :岐阜県加茂郡七宗町 飼養状況:409頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

ツマジロクサヨトウ対策について

2019年7月10日

本年7月3日(水)に鹿児島県において国内で初めて発生が確認されたツマジロクサヨトウについて、農林水産省は、まん延の防止に向けた対策を緊急的に実施することとした。 ●発生状況の把握 ●ツマジロクサヨトウに効果のある農薬による防除の推進 ●ツマジロクサヨトウの初期のまん延防止のための … 全文を読む>>

(農業電化協会)農業施設の雷害対策について 「電子機器類の雷リスクと対策の基本」を掲載

2019年7月 9日

(一社)農業電化協会は、農業施設の雷害対策(電子機器類の雷リスクと対策の基本)を、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>