提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


令和元年産さとうきび生産費

2020年8月31日

令和元年産さとうきびの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は13万8,239円で 、 前年産に比べ1.0%減少し、1t当たり全算入生産費は2万4,928円で、前年産に比べ4.1%減少した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会及び現地検討会を開催(岩手県盛岡市及び八幡平市)

2020年8月31日

「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会及び現地検討会を開催(岩手県盛岡市及び八幡平市)

 8月3日、岩⼿県⺠情報交流センター会議室において、「アンドファームスマート農業実証コンソーシアム」令和2年度中間検討会が開催され、関係者約50名が参加した。  検討会では、以下の実証項⽬ごとに実証の状況、評価等について熱⼼に議論が⾏われた … 全文を読む>>

令和元年産パインアップルの収穫面積、収穫量及び出荷量(沖縄県)

2020年8月31日

パインアップルの収穫面積は320haで、前年産並みとなった。 収穫量は7,460t、出荷量は7,280tで、前年産に比べそれぞれ120t(2%)増加した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

令和2年産水稲の8月15日現在における作柄概況

2020年8月28日

東日本を中心とした早場地帯(19道県)の作柄は、北海道及び東北はおおむね「やや良」、その他の地域は「平年並み」又は「やや不良」の見込み。これは、一部地域で7月の低温・日照不足等の影響が見込まれるものの、田植期以降はおおむね天候に恵まれたことにより、全もみ数が一部を除き平年並み以上 … 全文を読む>>

(農研機構)九州向けもち性二条大麦品種「くすもち二条」標準作業手順書を掲載

2020年8月28日

農研機構は、『九州向けもち性二条大麦品種「くすもち二条」標準作業手順書』を作成、ホームページに掲載した。 「くすもち二条」はβ-グルカンを多く含むもち性大麦品種で、梅雨入りが早い九州でも栽培可能な早生品種。短捍で倒伏にしくく、多肥栽培により多収が見込まれる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「90分でわかる!新たな基本計画のすべて」を開催

2020年8月28日

農林水産省は、令和2年3月31日に閣議決定された新たな食料・農業・農村基本計画の説明会を、47都道府県(54会場)において開催する。 説明会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、対面式ではなく、各都道府県に設置された会場にてウェブ会議又はテレビ会議によりおこなうこととし … 全文を読む>>

令和2年産米における需要に応じた生産に向けた対応等について

2020年8月27日

農林水産省は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴い、産地において需要に応じた生産に向けた検討に時間を要する面が見られることを踏まえ、令和2年産米の集荷・販売が本格化する直前まで主食用米の需給動向等を踏まえた検討ができるよう、飼料用米等の取組計画書等の追加・変更について、提出期 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(令和2年7月分)

2020年8月27日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(令和2年7月分)を公表した。 ●モニター世帯の「1人1カ月当たり精米消費量」は4,620g。うち「家庭内消費量」は3,149g、「中食・外食の消費量」は1,472g ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などか … 全文を読む>>

(東海農政局)「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新

2020年8月27日

東海農政局は、「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新した。「図でわかる東海3県の農業」は、農林水産統計調査結果を用いて、図と簡単な解説により岐阜、愛知、三重の東海3県の農業の姿がわかるように作成されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号9月号をホームページに掲載

2020年8月27日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号9月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『ブラジルの大豆・トウモロコシをめぐる最近の情勢(後編) ~インフラ整備の進展により輸出が拡大する北部港~』  (調査情報部 山口真功(現畜産経営対策部)、石井清栄(現札幌事務所))  ブ … 全文を読む>>