提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)野菜小売価格動向調査(4月調査分)を公表

2020年5月15日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜小売価格動向調査(4月調査分)」をホームページに掲載した。 全国主要9都市(中央卸売市場のある札幌市、仙台市、東京23区、名古屋市、金沢市、大阪市、広島市、高松市及び福岡市)で1都市につき10店舗(東京都23区のみ20店舗)の量販店等で価格調査を実 … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(令和2年5月号)の公表について

2020年5月14日

農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和2年5月号)」について取りまとめた。 ●令和2年3月末の出荷及び販売段階における民間在庫は、対前年同月比+7万tの234万t。また、流通段階別でみると出荷段階で対前年比+2 … 全文を読む>>

令和元年産米の農産物検査結果(速報値)(令和2年3月31日現在)

2020年5月14日

3月31日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で4,491.1千tで、12月31日現在と比べ373.5千t増加している。 また、水稲もち玄米は167.5千tで12月31日現在と比べ9.3千t、醸造用玄米は94.2千tで3.1千t増加している。 水稲うるち玄米の4,491.1千tは、3 … 全文を読む>>

「令和2年度 病害虫発生予報第2号」の発表について

2020年5月13日

農林水産省は、令和2年度病害虫発生予報第2号を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●水稲では、縞葉枯病の発生が北海道の一部の地域で多くなると予想されている。本病はヒメトビウンカによって媒介されるウイルス病であるため、当該虫を対象とし … 全文を読む>>

持続化給付金について~個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象~

2020年5月13日

今般の新型コロナウイルスの感染拡大により、全国の農林水産業・食品産業に影響が広がっている。政府は、感染拡大により、大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えするために、「持続化給付金制度」を創設した。 持続化給付金は、業種横断的に、個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対 … 全文を読む>>

令和2年度世界農業遺産・日本農業遺産の認定等に関する募集期間を延長

2020年5月12日

農林水産省は、令和2年1月21日から「令和2年度世界農業遺産・日本農業遺産の認定等に関する募集」をしているところだが、新型コロナウイルス感染拡大防止の取組状況に鑑み、募集締切日を、7月29日(水)に延長することとした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号5月号をホームページに掲載

2020年5月12日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号5月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『氷砂糖で作るフルーツビネガー』 (全日本氷糖工業組合)  氷砂糖の特徴、魅力、製法とともに、氷砂糖を使ったフルーツビネガーのレシピをご紹介します。 詳細はこちらから  ▼砂糖類関 … 全文を読む>>

「有機農業の推進に関する基本的な方針」の見直しについて

2020年5月11日

平成18年に、有機農業の推進についての基本理念を定めた「有機農業の推進に関する法律」が策定された。農林水産省では、この法律に基づき、「有機農業の推進に関する基本的な方針」を定めており、令和2年4月に、新たな方針を定めることとした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

外国法人等による農地取得に関する調査の結果について

2020年5月11日

農林水産省は、平成31年1月1日から令和元年12月31日までの期間における外国法人等による農地取得の事例について、市町村の農業委員会を通じて調査を行い、結果を取りまとめた。 ●外国法人又は居住地が海外にある外国人と思われる者による農地取得 ・外国法人:0社 ・居住地が海外にある外 … 全文を読む>>

「農の雇用事業」第2回目の募集を開始(令和2年8月研修開始分)

2020年5月11日

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施している。このたび、令和2年8月からの研修希望者を対象に第2回目の募集を開始する。6月5日(金)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>