提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「施設園芸・植物工場展2018」開催される

2018年7月31日

「施設園芸・植物工場展2018」開催される

 (一社)日本施設園芸協会主催による「施設園芸・植物工場展2018(GPEC)」が、7月11~13日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。出展数は235社・団体(共同出展者数を含む)で、3日間の入場者は4万人を超えた(速報 … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(平成30年8月)

2018年7月31日

8月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

平成30年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

2018年7月31日

●高知県、宮崎県及び鹿児島県の早期栽培の作柄は、一部で平成30年7月豪雨等の影響がみられるものの、田植期以降おおむね天候に恵まれたことから『平年並み』が見込まれる。 ●沖縄県の第一期稲の作柄は、一部で台風第7号による倒伏や虫害等がみられるものの、田植期以降おおむね天候に恵まれた … 全文を読む>>

平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成30年6月末現在)

2018年7月31日

農林水産省は、平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年6月末)」、「民間在庫の推移(平成30年6月末)」について取りまとめた。 ●平成30年6月末現在の全国の集荷数量は289万t、契約数量は273万t、販売数量は201万tとなっている。 ●平成30年6月末現在の全国段階 … 全文を読む>>

平成30年産麦の農産物検査結果(速報値)(平成30年6月30日現在)

2018年7月30日

平成30年産麦類の検査数量は、6月30日現在で113.7千tで、前年同期比86.1%となっている。 種類別では以下の通り。 ・普通小麦  56.3千t(前年同期比81.7%) ・普通小粒大麦12.9千t(同72.0%) ・普通大粒大麦27.9千t(同108.8%) ・普通裸麦   … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における平成30年産水稲の生育状況等について

2018年7月30日

米穀安定供給確保支援機構は、7月25日現在の主要産地における平成30年産水稲の生育状況等について(第7報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

生産者の米穀在庫等調査

2018年7月30日

●平成30年6月末における農家1戸当たりの米の在庫量(精米を除く)は、322kgの見込み。 ▼詳細はこちらから ●平成29年度における生産者の米穀在庫等調査は以下の通り ・平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)における農家1戸当たりの米 の供給量は6,858kgで、前年度 … 全文を読む>>

米の消費動向調査結果(平成30年6月分)

2018年7月27日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(平成30年6月分)を公表した。 ●「1人1ヵ月当たり精米消費量」は4,567g。うち「家庭内消費量」は3,207g、「中食・外食の消費量」は1,360g ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などから無償で入手 … 全文を読む>>

「平成30年度 病害虫発生予報第5号(水稲及び平成30年7月豪雨関係)」の発表

2018年7月27日

農林水産省は、平成30年度病害虫発生予報第5号(水稲及び平成30年7月豪雨関係)を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 また、平成30年7月豪雨による大雨の影響があった地域では、これまで大雨の影響による病害の広域的な発生は確認されてい … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号8月号をホームページに掲載

2018年7月27日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号8月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 【調査・報告】 『加工・業務用野菜の安定供給に果たす中間事業者の機能 ~平成29年度需要構造実態調査の結果から~』  (野菜需給部)  当機構が平成29年度に実施した加工・業務用野菜の需要構 … 全文を読む>>