提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成30年度肥育豚生産費

2019年12月 9日

平成30年度の肥育豚1頭当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は3万2,943円で、前年度に比べ0.6%増加し、生体100kg当たり全算入生産費は2万8,947円で、前年度に比べ0.9%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和2年産さとうきび・でん粉原料用かんしょに係る生産者交付金の単価が決定

2019年12月 9日

農林水産省は、「砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律」に基づき、令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金及びでん粉原料用かんしょに係るでん粉原料用いも交付金単価を決定した。 ●令和2年産のさとうきびに係る甘味資源作物交付金の単価は、1,000kgにつき、16,860円(対前 … 全文を読む>>

(東海農政局)東海ブロックスマート農業サミット(スマート農業マッチングイベント&農研機構マッチングフォーラムin東海)概要を掲載

2019年12月 6日

東海農政局は、令和元年10月11日(金)に開催された東海ブロックスマート農業サミット(スマート農業マッチングイベント&農研機構マッチングフォーラムin東海)についてホームページで概要報告をおこない、配布資料等を掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米に関する調査レポート「日本の在来稲とその現状」を掲載

2019年12月 6日

米穀安定供給確保支援機構は、米に関する調査レポート「日本の在来稲とその現状-ブランド米の祖先品種と現在の状況-」を作成し、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和元年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(11月末日現在取りまとめ)

2019年12月 5日

米穀安定供給確保支援機構は、11月末日現在取りまとめの、主要産地における令和元年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(第3報)をホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(日本特産農産物協会)令和元年度地域特産物マイスターを認定

2019年12月 5日

(公社)日本特産農産物協会は、令和元年度地域特産物マイスター10名を認定、登録を行った。 田上 進  (茨城県 トロロアオイ) 林 博之  (千葉県 落花生) 田中 昭和 (静岡県 伊豆の葡萄) 杉本 正博 (静岡県 こまつな・なす) 平野 光直 (静岡県 三島馬鈴薯・三島甘藷) … 全文を読む>>

(日本植物防疫協会)「農薬要覧2019」を発行

2019年12月 5日

(日本植物防疫協会)「農薬要覧2019」を発行

一般社団法人日本植物防疫協会は、「農薬要覧(2019年)」を発行。 平成30農薬年度における農薬の生産・出荷、輸入・輸出、流通・消費など農薬に関する統計資料や、登録されている農薬名の一覧、新農薬の解説、病害虫の発生面積・防除面積、関係先名簿 … 全文を読む>>

(日本植物防疫協会)「農薬適用一覧表2019」を発行

2019年12月 4日

(日本植物防疫協会)「農薬適用一覧表2019」を発行

一般社団法人日本植物防疫協会は、「農薬適用一覧表2019年版」を発行。 2019年9月30日現在で登録されている、作物・病害虫別の防除薬剤、作物別の除草剤、作物ごと使用目的別の植物成長調整剤を表形式にまとめている。さらに稲用の殺虫殺菌剤、種 … 全文を読む>>

(農林水産省) 農業新技術活用事例(平成元年度調査)を掲載

2019年12月 4日

農林水産省は、農業新技術の普及・実装に向けて、日本各地において農業新技術(スマート農業等)を導入し、省力化・高品質生産等を実現している農業者等の事例をとりまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(令和元年12月)について

2019年12月 3日

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(令和元年12月)について、主産地等から聞き取りを行い、その結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>