提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(日本草地畜産種子協会)「草地難防除雑草駆除対策事業優良事例集」を掲載

2018年5月15日

(一社)日本草地畜産種子協会は、平成27年度に実施した草地難防除雑草駆除対策(草地難防除雑草駆除等緊急対策事業(農林水産省補助事業))に参加した農業者団体による難防除雑草が繁茂した生産性の低い草地を高位生産草地に転換した取り組みを優良事例集として取りまとめ、ホームページに掲載した … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号5月号をホームページに掲載

2018年5月14日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号5月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『北海道大規模畑作地帯における情報・自動化技術の利用の現状と展望』  (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 北海道農業研究センター 大規模畑作研究領域領域長 村上則幸) … 全文を読む>>

中国向けに日本産精米を輸出できる精米工場及びくん蒸倉庫の追加について

2018年5月11日

中国向けの日本産精米の輸出については、これまで、精米工場1施設及びくん蒸倉庫2施設のみが、認められていたが、このたび中国側と、精米工場2施設及びくん蒸倉庫5施設の追加に合意した結果、精米工場3施設及びくん蒸倉庫7施設からの輸出が可能となった。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(平成30年5月号)の公表

2018年5月10日

農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(平成30年5月号)」について取りまとめた。 ●平成30年3月末現在の平成29年産米の集荷数量は、284万t。 ●契約数量は、前年同月と比較して▲14万tの249万t。契約比率は … 全文を読む>>

「農の雇用事業」第2回目の募集を開始(平成30年8月研修開始分)

2018年5月 9日

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施している。このたび平成30年8月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始する。6月8日(金)締切。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

野菜の需給・価格動向レポート(平成30年5月1日版)」を掲載

2018年5月 9日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の需給・価格動向レポート(平成30年5月1日版)」を公開。主要野菜の生産出荷状況を掲載している。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

平成29年産米の契約・販売状況、民間在庫の推移について(平成30年3月末現在)

2018年5月 7日

農林水産省は、平成29年産米の「産地別契約・販売状況(平成30年3月末)」、「民間在庫の推移(平成30年3月末)」について取りまとめた。 ●平成30年3月末現在の全国の集荷数量は284万t、契約数量は249万t、販売数量は133万tとなっている。 ●平成30年3月末現在の全国段階 … 全文を読む>>

「近畿地域における超スマート社会に向けた連絡会」発足

2018年5月 7日

近畿地域における超スマート社会の構築に向けた国の支援体制の強化のため、4月27日付けで「近畿地域における超スマート社会に向けた連絡会」が発足した。 近畿農政局も参加機関として参画し、農業・食品のICT社会実装に向けた取組を推進するため、近畿地域にある他の行政機関との情報共有を進め … 全文を読む>>

青果物卸売市場調査(平成29年年間計及び月別結果)

2018年5月 7日

●平成29年の青果物卸売市場における野菜の 卸売数量は1,006万tで、前年並みとなった。卸売価額は2兆1,924億円で、前年に比べ6%減少した。 ●果実の卸売数量は305万tで、前年に比べ 1%減少した。卸売価額は1兆350億円で、前年に比べ2%減少した。 ●主要都市の青果物 … 全文を読む>>

(東海農政局)県別・市町村別統計データ集を掲載

2018年5月 2日

東海農政局は、管内の県別・市町村別統計データ集をホームページに掲載した。この統計データ集は、東海3県(岐阜県、愛知県、三重県)の主な統計調査結果をコンパクトにまとめたもので、スマートフォン、タブレットでも利用ができる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>