提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」~いつでもどこからでも参加できる農業機械展示会サイトを期間限定オープン~

2020年8月 7日

「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」~いつでもどこからでも参加できる農業機械展示会サイトを期間限定オープン~

新型コロナウイルスの影響により例年通りの展示会開催が制限されることから、株式会社クボタは、オンラインでの農業機械の展示会として、「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」(以下「農フェス」)のサイトを6月16日オープンした。 オンラインで … 全文を読む>>

(薬用作物産地支援協議会)「薬用作物産地支援栽培技術研修会」を開催

2020年8月 7日

薬用作物産地支援協議会(全国農業改良普及支援協会および日本漢方生薬製剤協会により設置)は、農林水産省の薬用作物産地支援体制整備事業により、「薬用作物産地支援栽培技術研修会」を開催。受講料無料。 ●研修対象者 都道府県の普及職員、JA営農指導員、市町村職員、その他薬用作物の産地育成 … 全文を読む>>

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第1回実演会を開催(長野県伊那市)

2020年8月 7日

信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアム令和2年度第1回実演会を開催(長野県伊那市)

 7⽉20⽇(火)、長野県の信州伊那谷スマート農業実証コンソーシアムの実証経営体である農事組合法人「田原」の実証農場 (長野県伊那市)で、令和2年度第1回実演会が開催された。  当日は梅雨の晴れ間の中、コンソーシアム関係者、マスコミ等を中⼼ … 全文を読む>>

令和元年産キウイフルーツの結果樹面積、収穫量及び出荷量

2020年8月 7日

キウイフルーツの結果樹面積は1,900haで、前年産に比べ50ha(3%)減少。 収穫量は2万5,300t、出荷量は2万2,500tで、前年産に比べそれぞれ300t(1%)、700t(3%)増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和2年産水稲の生育状況等について(8月6日取りまとめ)

2020年8月 7日

米穀安定供給確保支援機構は、主要産地における令和元年産水稲の生育状況等について(第13報)、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和元年度食料自給率・食料自給力指標について

2020年8月 6日

農林水産省は、令和元年度食料自給率及び食料自給力指標について、以下のとおり公表した。 ●カロリーベースの食料自給率は、サンマ・サバ等の魚介類が不漁となり、米消費が減少した一方で、小麦の単収が増加したこと等により、対前年度から1ポイント上昇の38%となった。なお、飼料自給率について … 全文を読む>>

「令和2年度 病害虫発生予報第6号」の発表について

2020年8月 6日

農林水産省は、令和2年度病害虫発生予報第6号を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●水稲では、トビイロウンカが近畿、中国、四国及び九州の一部の地域で多くなると予想されており、一部の県では警報が発表されている。 ●野菜類では、ハスモン … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)野菜の輸入レポート(2020年1-6月速報値)を掲載

2020年8月 6日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜の輸入動向 野菜輸入レポート(2020年1-6月速報値)」 を「ベジ探(野菜情報総合把握システム)」に掲載した。 ●1-6月の野菜輸入量は、134万8,033tで、前年同期比94%。 ●輸入先上位は、1位中国、2位米国、3位韓国となっている。 詳細 … 全文を読む>>

「#元気いただきますプロジェクト」を開始

2020年8月 6日

農林水産省は新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が顕著な品目について、販売を促進するために国産農林水産物等販売促進緊急対策を実施している。 これらを紹介する特設ウェブサイトを「#元気いただきますプロジェクト」公式ウェブサイトとしてリニューアルオープンし、食にまつわるさまざまな … 全文を読む>>

「2020年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」について

2020年8月 5日

農林水産省は、「2020年1-6月(上半期)の農林水産物・食品の輸出実績」を公表。農林水産物・食品の輸出額は、4,120億円、前年同期比8.2%の減少となった。 ●農産物の実績は、2,917億円(対前年同期比+1.8% )。 ●輸出先は、1位香港、2位中国、3位アメリカとなってい … 全文を読む>>