提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(みんなの農業広場)サーバメンテナンスによるサービス停止のお知らせ

2020年1月28日

平素「みんなの農業広場」をご利用いただきありがとうございます。 このたび、以下日程にてサーバメンテナンスを行うこととなりました。 ●令和2年1月28日(火)17:00~19:00(予定) メンテナンス作業中においては、ホームページの閲覧は休止させていただきます。 ご不便・ご迷惑を … 全文を読む>>

世界農業遺産・日本農業遺産の認定等に関する募集を開始

2020年1月22日

農林水産省は、世界農業遺産への認定申請に係る承認及び日本農業遺産の認定を希望する地域を募集する。 世界農業遺産は、世界において重要かつ伝統的な農林水産業を国連食糧農業機関(FAO)が認定する制度。農林水産省では、世界農業遺産の取組を支持し認定の拡大を図るため、認定申請に必要な承認 … 全文を読む>>

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト第3回推進会議を開催(岡山県真庭市)

2020年1月22日

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト第3回推進会議を開催(岡山県真庭市)

 令和元年12月19日、岡山県真庭市において「集落営農法人による持続可能な中山間地地域営農体系の実証」の第3回推進会議が開催され、関係者27名により、今年度の実証調査結果や次年度計画の検討が行われた。 代表機関である岡山県農林水産総合センタ … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(令和2年1月号)の公表

2020年1月21日

農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和2年1月号)」について取りまとめた。 ●令和元年11月末の出荷及び販売段階における在庫は、対前年同月比+12万tの318万tとなっている。 ●令和元産米の令和元年12月の … 全文を読む>>

令和元年産米の相対取引価格・数量について(令和元年12月)

2020年1月20日

農林水産省は、令和元年産米の「相対取引価格・数量(令和元年12月)」について取りまとめた。 令和元年12月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,745円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で28万tとなっている。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(農研機構)カンキツ新技術・新品種研修2020年度~2021年度受講者を募集

2020年1月20日

農研機構は、機構で開発している新技術・新品種に関する研究成果に加え、カンキツ栽培・営農の基礎となる知識や技術を総合的かつ体系的に習得できる2年間の研修カリキュラムの受講者を募集する。2月28日(金)締切(必着)。 ●開催時期 :2020年4月~2022年3月(全10回) ●場所  … 全文を読む>>

平成30年農業産出額及び生産農業所得(都道府県別)

2020年1月17日

●都道府県別(上位5道県) 平成30年における農業産出額の上位5道県は、以下の通り。 1位 北海道 1兆2,593億円 (対前年増減率1.3%減少) 2位 鹿児島県  4,863億円 (同2.7%減少) 3位 茨城県   4,508億円 (同9.2%減少) 4位 千葉県   4, … 全文を読む>>

平成30年農業総産出額及び生産農業所得(全国)

2020年1月17日

●農業総産出額は、近年、米、野菜、肉用牛等における需要に応じた生産の 進展等を主たる要因として増加傾向で推移しており、平成27年以降は3年連続で増加してきた。平成30年は、野菜(葉茎菜類)、豚、鶏卵等において生産量の増加から価格が低下したこと等により、前年に比べ2,184億円減 … 全文を読む>>

熟練農業者の「匠の技」が学べる!学習システム等を紹介

2020年1月17日

熟練農業者の経験や勘に基づく高度な技術、「匠の技」をICTにより「見える化」し、学習システムとして提供することで、高度な技術の継承や新規就農者の技術習得の早期化が期待されている。 農林水産省は、農林水産省補助事業で開発・導入された学習システムや管理システムをホームページで紹介する … 全文を読む>>

沖縄県におけるCSFの疑似患畜の確認(国内55例目)について

2020年1月17日

1月15日、国内52例目、53例目及び54例目の移動制限区域内にあり監視対象となっていた沖縄県うるま市の農場においてCSFの疑似患畜が確認された。 所在地 :沖縄県うるま市 飼養状況:1,825頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>