提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(北陸農政局)「強くて豊かな北陸農業をめざして」を作成

2020年4月 6日

北陸農政局は、管内地域農業の現状を紹介するとともに、各種取組の推進に活用できるよう優良事例をまとめた、「強くて豊かな北陸農業をめざして」を作成、ホームページに掲載した。 ●第一部 北陸農業の概要 北陸地域の食料・農業・農村の動向と課題、各種施策等について、統計データや事例を用い … 全文を読む>>

環境のための農山漁村×SDGsビジネスモデルヒント集を公表

2020年4月 6日

農林水産省は、農山漁村での環境に資するSDGsの取組を広げていくため、「環境のための農山漁村×SDGsビジネスモデルヒント集」を作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

低コスト化・高収益化に資する農業実用化技術(園芸、花き、茶、ばれいしょ、そば、環境保全型農業及び有機農業分野)を募集

2020年4月 3日

農林水産省は、担い手の営農上の選択肢となるよう、実用段階にある農業技術を主要品目別にリスト化し、作業ステージごとに整理して、ホームページで公表している。 ▼農業技術総合ポータルサイト このたび、園芸(野菜・果樹)、花き、茶、ばれいしょ、そば、環境保全型農業及び有機農業分野における … 全文を読む>>

第4回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議の開催

2020年4月 3日

第4回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議の開催

~千葉県香取地域における大規模水田輪作体系のスマート農業実証~  3月18日、千葉県神崎町役場において、「第4回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議」が開催された。  代表機関である神崎町役場の石橋正彦係長の進行により、(農)神 … 全文を読む>>

令和2年度「麦の需給に関する見通し」の公表について

2020年4月 2日

農林水産省は、麦の需給及び価格の安定を図るため、麦の需要量、生産量、輸入量等について、令和2年度の「麦の需給に関する見通し」を策定した。 ●食糧用小麦 1.総需要量は、過去7か年の平均総需要量である580万tの見通し。 2.国内産小麦の流通量は、令和2年産の作付予定面積等から推計 … 全文を読む>>

(農研機構)「山陰中山間地における水田転換牧草地での親子移動放牧に係わる要素技術」を掲載

2020年4月 2日

農研機構は、生産者向けに「山陰中山間地における水田転換牧草地での親子移動放牧に係わる要素技術」を作成、ホームページに掲載した。 山陰中山間地での親子放牧は、放牧地を集約して大面積の1つの牧区とできない地域が多いため、分散した牧区での移動放牧が主体となる。本パンフレットでは、転換田 … 全文を読む>>

(農研機構)各種調査マニュアルを掲載

2020年4月 2日

農研機構種苗管理センターは、クレマチス属特性、キク種特性、スイカ種特性、ダイズ種特性の調査マニュアルを作成、ホームページに掲載した。 ▼クレマチス属特性調査マニュアルはこちら ▼キク種特性調査マニュアルはこちら ▼スイカ種特性調査マニュアルはこちら ▼ダイズ種特性調査マニュアルは … 全文を読む>>

令和2年集落営農実態調査 (令和2年2月1日現在)

2020年4月 1日

落営農数は1万4,832となり、前年に比べ117(0.8%)減少した。このうち、法人の集落営農数は5,458となり、前年に比べ157(3.0%)増加した。この結果、集落営農に占める法人の割合は36.8%となり、前年に比べ1.3%ポイント上昇した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」、「家畜改良増殖目標」、「鶏の改良増殖目標」及び「家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針」の策定について

2020年4月 1日

農林水産省は、3月31日、「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」、「家畜改良増殖目標」、「鶏の改良増殖目標」及び「家畜排せつ物の利用の促進を図るための基本方針」について策定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(令和2年4月)

2020年4月 1日

令和2年4月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>