提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


令和3年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の作付面積

2021年10月28日

農林水産省は、「令和3年産大豆、小豆、いんげん及びらっかせい(乾燥子実)の作付面積」を公表。 ●大豆の作付面積は14万6,200haで、前年産に比べ4,500ha(3%)増加。 ●小豆の作付面積は2万3,300haで、前年産に比べ3,300ha(12%)減少。 ●いんげんの作付面 … 全文を読む>>

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムで令和3年度第1回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)

2021年10月28日

 (株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムで令和3年度第1回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)

●実証課題名:次世代につなぐ水稲・白ネギを柱にした中山間地域水田複合経営モデルの実証~農業の「ユニバーサルデザイン化」・「データの見える化」を目指して~  (株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムでは昨年度より、南部町の(株)福成農園及 … 全文を読む>>

令和3年耕地面積(7月15日現在)

2021年10月27日

農林水産省は、「令和3年耕地面積(7月15日現在) 」を公表。 ●全国の耕地面積(田畑計)は434万9,000haで、荒廃農地からの再生等による増加があったものの、耕地の荒廃、宅地への転用等による減少があったため、前年に比べ2万3,000ha(0.5%)減少した。 ●田の耕地面積 … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)米の消費動向調査結果(令和3年9月分)

2021年10月26日

米穀安定供給確保支援機構は、米の消費動向調査結果(令和3年9月分)を公表した。 ●モニター世帯の「1人1カ月当たり精米消費量」は4,321g。うち「家庭内消費量」は2,991g、「中食・外食の消費量」は1,330g ●精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などか … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号11月号をホームページに掲載

2021年10月25日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号11月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『みどりの食料システム戦略~食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現~』   (農林水産省 大臣官房バイオマス政策課長 秋葉一彦)  わが国の食料・農林水産業は、 … 全文を読む>>

地域に新たなビジネスモデルを生み出す「ローカルフードプロジェクト(LFP)」を推進

2021年10月22日

農林水産省は、令和3年度から新たに、地域の中核的な食品企業を中心に、持続可能なビジネスモデルを創出する「ローカルフードプロジェクト(LFP)」を推進。初年度は、22都道府県が本プロジェクトに取り組む。 また、オープンイノベーションによる異業種連携等を促進するために、LFP事業の概 … 全文を読む>>

生産者の米穀在庫等調査結果(令和3年6月30日現在の在庫量)

2021年10月21日

農林水産省は、生産者の米穀在庫等調査結果(令和3年6月30日現在の在庫量)を公表。 令和3年6月30日現在における1農業経営体当たりの米の在庫量は283kgとなり、前年同月に比べ10.1%増加した。このうち精米を除く在庫量は264kgとなり、前年同月に比べ10.5%増加した。 詳 … 全文を読む>>

(東京都) ウメ、アンズ、モモ、エドヒガンでヨコバイ科の一種を確認(令和3年度病害虫発生予察特殊報第3号)

2021年10月21日

東京都内のウメ、アンズ、モモ、エドヒガンにおいて、県内では報告のないヨコバイ科の一種 Singapora shinshana(Matsumura)が確認されたことにより、東京都病害虫防除所は10月18日、「令和3年度病害虫発生予察特殊報第3号」を発表した。 詳細はこちらから ▼東 … 全文を読む>>

群馬県における豚熱患畜の確認(国内73例目)

2021年10月20日

10月19日(火)、群馬県前橋市の養豚農場において、家畜伝染病である豚熱の患畜が確認された。 所在地 :群馬県前橋市 飼養状況:約3,450頭 疫学関連農場:群馬県前橋市(1農場) 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和3年果樹及び茶栽培面積(7月15日現在)

2021年10月20日

農林水産省は、「令和3年果樹及び茶栽培面積(7月15日現在)」を公表。 ●果樹の主な品目別の栽培面積は、みかんは3万8,900ha、りんごは3万6,800ha、かきは1万8,600ha、ぶどうは1万7,700ha、くりは1万7,400haで、主に高齢化による労力不足に伴う廃園等が … 全文を読む>>