提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


2050年における世界の食料需給見通しの公表について(世界の超長期食料需給予測システムによる予測結果)

2019年9月18日

農林水産省は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書(平成26年公表)を踏まえ、民間事業者に委託し、学識経験者の助言を得て、超長期食料需給予測システムによる「2050年における世界の食料需給見通し」を実施し、その結果を取りまとめた。 ●世界全体 人口増加と経済 … 全文を読む>>

(農研機構)令和元年台風第15号に伴う強風と大雨による農業被害に対する技術相談窓口の設置について

2019年9月18日

農研機構は、令和元年台風第15号に伴う強風と大雨による農業被害に対する技術相談窓口を設置し、地方公共団体等の関係者、生産者からの技術的相談に対応することとした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

2019年9月17日

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

 SDGs未来杜市真庭スマート農業オープンラボ(岡山県真庭市)は、スマート農業の推進にあたり、"同じ中山間地という条件で、集落営農法人が牽引役となって地域の特徴を活かした営農を推進している地域との交流をしたい"という目的で、8月22日(木) … 全文を読む>>

埼玉県、長野県における豚コレラの疑似患畜および患畜の確認(国内41、42、43例目)について

2019年9月17日

①国内41例目 9月13日、埼玉県秩父市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :埼玉県秩父市 飼養状況:678頭 ②国内42例目 9月14日、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた長野県塩尻市の長野県畜産試験場において豚コレラの患畜が … 全文を読む>>

平成30年産米の相対取引価格・数量について(令和元年8月)

2019年9月17日

農林水産省は、平成30年産米の「相対取引価格・数量(令和元年8月)」について取りまとめた。 令和元年8月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,706円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で5万tとなっている。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

「新蚕業プロジェクト方針」の公表

2019年9月17日

農林水産省は、シルクを利用した新たな市場創出と、需要にあった生産体制の構築に向け、政府や関係機関等が今後実施すべき取組の方向性を示す「新蚕業プロジェクト方針」を策定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成30年農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率

2019年9月13日

●田畑計の作付(栽培)延べ面積は404万8,000haで、飼料作物、野菜等の作付面積が減少したことから、前年に比べ2万6,000ha(1%)減少した。田畑計の耕地利用率は91.6%で、前年並みとなった。 ●田の作付(栽培)延べ面積は223万6,000haで、前年並みとなった。  … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(令和元年9月号)の公表

2019年9月12日

●平成30/令和元年(平成30年7月から令和元年6月までの1年間)の需要実績は、前年(740万t)から6万t減少し、734万tとなった。 ●令和元年6月末民間在庫量は、前年から1万t減少し、189万tとなった。 ●和元/2年の需要見通しについては、平成30年11月の基本指針におい … 全文を読む>>

令和元年度肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格の改定について

2019年9月12日

農林水産省は、9月10日、食料・農業・農村政策審議会に対し、消費税率の引上げに伴う令和元年度の肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格の改定について諮問を行い、その答申を受けた。 これを踏まえ、これらの価格を改定し、令和元年10月1日からこれを適用する。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「令和元年度 病害虫発生予報第7号」の発表

2019年9月12日

農林水産省は、令和元年度病害虫発生予報第7号を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●水稲では、トビイロウンカの発生が、東海、近畿、中国、四国及び九州の一部の地域で多くなると予想され、四国及び九州の一部では警報も発表されている。水田の … 全文を読む>>