提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



令和4年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)

2022年07月29日

農林水産省は、7月15日現在の「令和4年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況」を公表。

気象データ(降水量、気温、日照時間、風速等)及び人工衛星データ(降水量、地表面温度、日射量、植生指数等)から作成される予測式に基づき予測した令和4年産水稲の西南暖地の早期栽培の作柄は、徳島県及び宮崎県で「やや良」、高知県で「平年並み」、鹿児島県で「やや不良」が見込まれ、沖縄県の第一期稲の作柄は、「平年並み」が見込まれる。
これは、田植期から出穂期にかけての気温がおおむね平年並みから高めで推移した一方で、断続的な日照不足や大雨等の影響が見込まれるためである。


詳細はこちらから