提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



クボタの営農支援システム「KSAS」、社外とのデータ連携を開始

2022年06月30日

(株)クボタは、営農支援システム「KSAS(クボタスマートアグリシステム)」に蓄積する営農データを他社がサービス提供する各種システムで利用できるようにするため、システム開発者向けに「KSAS API (※)」の提供を開始することとした。
KSASと他社システムを併用するユーザーの利便性向上に加え、KSASが蓄積する豊富なデータを利用可能にすることで、社外パートナーによる新たなシステムやサービスの開発を促し、スマート農業の推進を通じた日本農業への貢献を目指す。


API:アプリケーション・プログラミング・インターフェース(Application Programming Interface)のことで、システム間連携を容易にする為に、連携のルール・仕様を定義し、一部の機能を効率的に共有できる仕組み。


詳細はこちらから