提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)山口県の野生イノシシの豚熱の感染源は約500km離れていた可能性

2022年05月17日

農研機構は、豚熱ウイルスの遺伝子の解析により、本年3月に山口県内で陽性と確認された野生イノシシ由来のウイルスが、昨年5月におよそ500km離れた紀伊半島東部で陽性と確認されたイノシシに由来するウイルスと最も近縁であることを明らかにした。
このような長距離伝播がイノシシの移動やイノシシ間の接触等による感染のみによって起こる可能性は低いと考えられるため、豚熱ウイルスが何らかの人の活動を介して遠隔地に持ち込まれた可能性が懸念される。


詳細はこちらから