提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(タキイ種苗)若年層を対象に「春の家庭菜園に関する調査」を実施

2022年03月14日

タキイ種苗は、春に栽培する野菜の種まきに最適なシーズンを前に、若年層(20代・30代)を対象にした「春の家庭菜園に関する調査」を実施した。


●「家庭菜園」経験者は45.2%で、満足度は8割以上。
●現在は実施していない人も、46.3%が「家庭菜園の実施・再開」の意向あり。
●家庭菜園は「手間がかかる」イメージが大きい一方、「癒される」の声も。
●若年層は「コロナ禍以降に家庭菜園を開始」した人が多数派。
●若年層を最も悩ませているのは「虫」。忙しい世代ならではの困りごとも。
●年間の平均使用金額は18,241円で、理想は21,323円。男性は、女性の倍以上お金をかけている。


詳細はこちらから