提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


国産米の無機ヒ素の含有実態調査(平成29年~令和元年産)の結果について

2022年02月18日

平成29年~令和元年産の国産玄米(1,500点)及び平成29年~平成30年産の玄米をとう精して得られた精米(1,000点)に含まれる無機ヒ素濃度の調査をおこなった。調査試料は、全国の国産米の集出荷施設等において、地域の水稲作付面積に応じた点数を採取した。その結果、玄米の無機ヒ素濃度の中央値は0.15mg/kgで、過去の調査結果と同程度であった。さらに、玄米と精米の無機ヒ素濃度を比較した結果、玄米と精米の濃度比率は、中央値が64%で、精米は玄米よりも低い値を示した。


詳細はこちらから