提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)北海道内主要産地の小麦収量は開花期の晴天で増加、曇天・雨天で減少する

2021年12月21日

農研機構と東京農業大学は、「きたほなみ」を主要品種とする近年の北海道内主要産地の小麦収量には、開花期と前後2日を含む5日間の天気が大きく影響することを明らかにした。
晴天時と比較して、曇天・雨天時には減収となり、最大で35%の差が出ると試算された。本成果は、小麦の収量の安定化技術の開発に役立つことが期待される。


詳細はこちらから