提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(日本農業法人協会)「2020農業法人白書」の公表について

2021年10月15日

(公社)日本農業法人協会は、2,044先の会員を対象に「2020農業法人実態調査」を実施し、「2020年版農業法人白書」としてとりまとめた。今回の調査では、会員の経営実態のほか、新型コロナウイルス感染症拡大による影響についても調査をおこなっている。


●経営規模は業種によりバラツキはあるものの、過去5年間、概ね拡大傾向。
●平均経営規模は全国平均と比べ、稲作は36.2倍(65.2ha)、露地野菜は34.3倍(35.0ha)、 肉用牛(肥育)は22.9倍(1,331頭)と大規模。
●経営規模の拡大意向がある先は52.3%と半数を超え、拡大意向が強い。
●2020年の平均売上高は3億5,436万円、前年比102.5%。また、23.5%が前年比増収。経営規模の拡大など各社の努力によりコロナ禍であっても売上高は伸長。
●経営者の平均年齢は58.5歳。50代以下が4割以上を占めている。


その他、詳細はこちらから