提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(関東農政局)高齢農業者に直接届く農作業安全対策の推進方策に関する意識調査の結果等を公表

2021年04月07日

関東農政局は、高齢農業者に直接届く農作業安全対策の推進方策に関する意識調査結果及びパンフレット・事例集(体験談)をホームページに掲載した。


調査結果等の概要
・65歳以上の農業者658人のうち、事故の経験がある人は12%、ヒヤリ・ハットの経験がある人は42%。
・年齢が高くなるにつれ、重傷者の割合と重傷度(平均)が高くなっており、特に農機事故においてその傾向が強く見られた。
・安全対策については、「必要性を認識しているが未対策」と回答した人が、乗用トラクタを使用する際の「シートベルト・ヘルメットの装着」で61%、刈払機を使用する際の「飛散物防護カバーなどの安全装備」で34%あった。


その他、詳細はこちらから