提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)セイヨウミツバチを夏のストレスから守る-花畑を用意し、夏季の餌不足と殺虫剤使用に伴う被害を解消へ-

2021年03月25日

農研機構は、養蜂場近くに花畑を用意することで、セイヨウミツバチが餌の少なくなる夏季に作物や農地周辺の雑草に訪花して起こる殺虫剤使用に伴う被害を低減できることを明らかにした。この方法は同時に夏季の餌不足も解消し、蜂蜜生産や花粉交配用ミツバチの増殖に役立つと考えられる。
ただし、今回の試験では、セイヨウミツバチの巣箱一つに対して必要な花畑の面積は明らかにできていない。また、イネやミツバチが好む雑草の花が多く水田周辺に咲いている時でも働きバチを誘引できるのか等も検証が必要である。


詳細はこちらから