提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


農業経営の継承に関する意識・意向調査結果(令和2年度 食料・農林水産業・農山漁村に関する意識・意向調査)

2021年03月03日

農林水産省は、「農業経営の継承に関する意識・意向調査結果」を公表した。


●現在の経営を継承する(他者に引き継ぐ)意向を持っているか
・はい(経営資産の全体または一部を継承する)(50.1%)
・決めていない(34.6%)
・いいえ(何も継承しない)(7.8%)
※経営資産の全体または一部を継承する(他者に引き継ぐ)意向がある者で、「後継者が決まっている(本人の同意を得ている)」は40.1%、 「後継者は決まっていない」は9.9%。


●経営資産の全体または一部を継承する(他者に引き継ぐ)意向がある者においての、後継者に継承したい資産
・農地(94.8%)
・施設・機械等の有形資産(86.4%)
・生産技術・ノウハウ(61.0%)


●後継者が決まっている(本人の同意を得ている)者においての、経営継承の取組状況
・経営継承計画等があり、既に経営継承の取組を進めている(30.7%)
・経営継承計画等は策定していないが、既に経営継承の取組を進めている(23.5%)
・具体的に取り組んでいない(取り組むべき内容はわかっている)(23.5%)


●後継者が決まっている(本人の同意を得ている)者においての、経営継承を進める上での課題
・後継者の育成(経営管理面)(43.7%)
・後継者にいつ、どのように継承を進めるかの計画(経営継承計画)の策定(42,2%)
・後継者の育成(技術面)(41.2%)


●現在の経営を何も継承しない(他者に引き継がない)意向の理由
・地域に農地の受け手となりうる農業者がいないため(29.6%)
・地域に農地の受け手となりうる農業者はいるが、これ以上農地を引き受けきれない状態のため(24.1%)


詳細はこちらから