提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農畜産業振興機構)「野菜情報」最新号3月号をホームページに掲載

2021年02月25日

(独)農畜産業振興機構は、「野菜情報」最新号3月号をホームページに掲載。


《記事の一例》
園芸振興を本格化させる新潟県農業~園芸振興基本戦略が目指すものは~
 (新潟食料農業大学 食料産業学部 食料産業学科 講師 青山浩子)
稲作への依存度が高い新潟県は園芸作物の生産拡大をするため2019年に新潟県園芸振興基本戦略を策定しました。
このなかで、2024年までの6年間で、販売額1億円以上の産地を50カ所、園芸の栽培面積を1000ヘクタール増やすという数値を掲げており、 県内の組織では生産から販売までの支援体制を構築しています。本報告では、加工用キャベツの大規模生産をスタートさせたJA津南町の取り組みを紹介します。


※(独)農畜産業振興機構は、毎月、畜産、野菜、砂糖及びでん粉に関する情報を情報誌とホームページで提供しており、同ホームページ上の「メールマガジン」バナーからメールマガジンを配信登録すると、上記の情報が配信されます。


詳細はこちらから