提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)「診断に基づく大豆栽培改善技術導入支援ツール標準作業手順書」を掲載

2021年01月05日

農研機構は、「診断に基づく大豆栽培改善技術導入支援ツール標準作業手順書」を作成、ホームページに掲載した。
本書に記載されているウェブシステム「診断に基づく栽培改善技術導入支援マニュアル」は、農林水産省委託プロジェクト研究「収益力向上のための研究開発(課題名:多収阻害要因の診断法及び対策技術の開発)」の研究成果によるもので、大豆の栽培条件と減収リスクとの関連について、普及指導員、農業者等がスマホなどで手軽に診断し、必要な対策技術を確認できるようにしたものである。大豆栽培に関わる6項目の簡易診断やフローチャート式の診断・対策の確認に加えて、詳細な解説マニュアルなどにもアクセスできる。


詳細はこちらから