提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トピックス2020年10月


(農畜産業振興機構)「畜産の情報」最新号11月号をホームページに掲載

2020年10月26日

(独)農畜産業振興機構は、「畜産の情報」最新号11月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『新型コロナウイルス感染症による米国畜産業界への影響』 (調査情報部 国際調査グループ)  今春以降、米国でも新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のまん延に伴い、今もなお経済活動 … 全文を読む>>

(農研機構)「大豆畑の帰化アサガオ類とヒロハフウリンホオズキの除草剤体系処理による防除」を作成

2020年10月26日

農研機構は、革新技術開発・緊急展開事業(経営体強化プロジェクト)「経営体(暖地水田輪作)」コンソーシアムで取り組んできた成果をもとに「大豆畑の帰化アサガオ類とヒロハフウリンホオズキの除草剤体系処理による防除」を作成、ホームページに掲載した。 本パンフレットでは、大豆畑で問題となっ … 全文を読む>>

国産ジビエ認証施設の第17号認証について(北海道シュヴルイユ浦臼工場)

2020年10月26日

国産ジビエ認証制度に係る認証機関により、国産ジビエ認証施設(第17号)として、株式会社アイマトンが運営する食肉処理施設「北海道シュヴルイユ浦臼工場(浦臼町ジビエ処理加工センター)(北海道浦臼町)」が認証された。 施設名 :北海道シュヴルイユ浦臼工場(浦臼町ジビエ処理加工センター) … 全文を読む>>

「平成30年産農作物共済統計表」の公表

2020年10月23日

農林水産省は、「平成30年産農作物共済統計表」を公表した。 農作物共済事業は、農業保険法に基づき、自然災害等による収穫量の減少等の損失を補填することにより、農業者の経営安定を図っている。 農作物共済統計表は、農作物共済事業(水稲、陸稲、麦)の年産ごとの事業実績について、他制度との … 全文を読む>>

(農研機構)「ドローンを利用した効率的な広域リモートセンシング技術」を作成

2020年10月23日

農研機構は、「ドローンを利用した効率的な広域リモートセンシング技術」を作成、ホームページに掲載した。 本書には、リモートセンシングを行うのに必要な機材や、広域で実施するための設定のポイントや注意点が紹介されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

書籍紹介『ケンさん、イチゴの虫をこらしめる』

2020年10月23日

書籍紹介『ケンさん、イチゴの虫をこらしめる』

 福岡県八女市のイチゴ農家、樋口賢治さん(ケンさん)は、天敵と呼ばれるダニを使うIPM(Integrated Pest Management:総合的病害虫管理)という方法で、約2万株ものイチゴ「あまおう」を高設栽培で育てている。失敗を糧に工 … 全文を読む>>

第2回「ふくおか遠藤農産スマート農業実証コンソーシアム」推進会議の開催

2020年10月22日

第2回「ふくおか遠藤農産スマート農業実証コンソーシアム」推進会議の開催

●実証課題名「麦・大豆の品質向上と既存機械やシェアリングを活用した土地利用型大規模経営での実践型スマート農業技術体系の実証」  令和2年10月7日(水)、福岡県飯塚市の飯塚普及指導センター会議室において、第2回「ふくおか遠藤農産スマート農業 … 全文を読む>>

ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)防除対策マニュアル及びリーフレットを作成

2020年10月22日

農林水産省は、水稲の生産に被害を及ぼすジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)の防除の徹底を図るため、指導者向け防除対策マニュアル及び生産者向け防除対策リーフレットをとりまとめ、公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和2年産「い」の作付面積、収穫量及び畳表生産量(主産県)

2020年10月21日

●主産県(福岡県及び熊本県。以下同じ)における作付面積は424haで、前年産に比べ52ha(11%)減少した。 ●10a当たり収量は1,490kgで、前年産を1%下回った。なお、10a当たり平均収量対比は106%となった。 ●収穫量は6,300tで、前年産に比べ830t(12%) … 全文を読む>>

「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(令和2年10月」を掲載

2020年10月21日

農林水産省は、「米穀の需給及び価格の安定に関する基本指針(令和2年10月」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「シニア世代の新規就農に向けた農業研修支援事業」の募集を開始(第5回)

2020年10月20日

農林水産省は、50代の就農希望者に対する実践研修等を行う研修機関等へ、その費用の助成を行う「シニア世代の新規就農に向けた農業研修支援事業」を実施している。 今般、令和3年1月からの研修を希望される研修機関等を対象として、募集を受け付ける。11月13日(金)締切。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(東京大学ほか)原発事故で生じた汚染物中の放射性セシウム保持物質を判別・定量化する手法の確立に成功

2020年10月20日

東京電力福島第一原子力発電所の事故(以下、福島原発事故)によって放出された放射性セシウムは、原子炉から直接飛散した放射性ガラス微粒子に含まれた形態と、鉱物粒子に収着した形態として環境中に存在している。詳細な汚染実態を把握するためには、2つの存在形態を判別し、それぞれの割合を見積も … 全文を読む>>

「農の雇用事業」第4回目の募集を開始(令和3年2月研修開始分)

2020年10月19日

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施している。今般、令和3年2月からの研修を希望者を対象に募集を開始する。11月13日(金)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和2年果樹及び茶栽培面積(7月15日現在)

2020年10月19日

●果樹の主な品目別の栽培面積は、みかんは3万9,800ha、りんごは3万7,100ha、かきは1万9,000ha、くりは1万7,900haで、主に高齢化による労力不足に伴う廃園等があったため、前年に比べそれぞれ1,000ha(2%)、300ha(1%)、400ha(2%)、500 … 全文を読む>>

(中央果実協会)海外の果樹産業ニュース 2020年度上期版を掲載

2020年10月19日

(公財)中央果実協会は、「海外の果樹産業ニュース 2020年度上期版」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

(農研機構)「ビレットプランター活用の手引き」を掲載

2020年10月19日

農研機構は、「ビレットプランター活用の手引き」を作成、ホームページに掲載した。 手引きでは、ビレットプランターを活用するための基本技術として、苗の確保、苗の投入量や効率的な植付け、品種選定の際の着目すべき特性など、ビレットプランター活用に関する注意点がとりまとめられている。栽培の … 全文を読む>>

令和2年産米の相対取引価格・数量について(令和2年9月)

2020年10月16日

農林水産省は、令和2年産米の「相対取引価格・数量(令和2年9月)」について取りまとめた。 令和2年9月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,143円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で11万tとなっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和元年の荒廃農地面積について

2020年10月16日

農林水産省は、令和元年の荒廃農地の面積を取りまとめた。 令和元年11月30日時点における令和元年の荒廃農地面積は、全国で約28.4万haとなった。 このうち、「再生利用が可能な荒廃農地」は約9.1万ha(農用地区域では約5.6万ha)、「再生利用が困難と見込まれる荒廃農地」は約1 … 全文を読む>>

令和元年の農用地区域内の農地面積について

2020年10月16日

農林水産省は、令和元年の農用地区域内の農地面積を取りまとめた。 令和元年の農用地区域内の農地面積(令和元年12月31日現在)は、全国で400.2万ha。 前年からの減要因は農用地区域からの除外等2.0万ha、増要因は農用地区域への編入等1.4万haで、計0.6万ha(0.2%)の … 全文を読む>>

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議及び実演会の開催

2020年10月16日

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議及び実演会の開催

~千葉県香取地域における大規模水田輪作体系のスマート農業の実証~  令和2年9月16日(水)に千葉県神崎町役場会議室において第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議が開催された。  はじめに、生産者代表として農事組合法人神崎東 … 全文を読む>>

(農研機構)「FOEASを活用した野菜作の水管理」を掲載

2020年10月15日

農研機構は、「FOEASを活用した野菜作の水管理」を作成、ホームページに掲載した。 本書では、FOEASの暗渠排水と地下灌漑の二つの機能を利用した水管理によって、安定的に野菜を生産する方法を解説している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)やさいレポート、やさいマンスリーレポート10月号を掲載

2020年10月13日

農畜産業振興機構は、やさいレポートおよびやさいマンスリーレポート10月号をホームページに掲載した。 やさいレポートでは、キャベツ、だいこん、たまねぎ、にんじん、はくさい、レタスの6品目について、品目別に価格、消費及び貿易の情報を毎月まとめて掲載している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

国産ジビエ認証施設の第16号認証について(株式会社サロベツベニソン)

2020年10月12日

国産ジビエ認証制度に係る認証機関により、国産ジビエ認証施設(第16号)として、株式会社サロベツベニソンが運営する食肉処理施設「株式会社サロベツベニソン(北海道豊富町)」が認証された。 施設名 :株式会社サロベツベニソン(所在地:北海道豊富町) 事業者名:株式会社サロベツベニソン  … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(令和2年10月号)の公表

2020年10月12日

農林水産省は、米に関する価格動向や需給動向に関するデータを集約・整理した「米に関するマンスリーレポート(令和2年10月号)」について取りまとめた。 ●令和2年産水稲の作付面積(青刈り面積を含む。)は157万5,000haで、前年産に比べ9,000ha減少の見込み。うち主食用作付見 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号10月号をホームページに掲載

2020年10月12日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号10月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『"おいしく食べて、ごみをゼロにする" 可食トレー』 (株式会社丸繁製菓 特別研究員 村瀬博重)  でん粉を原料とした食べられるトレーの開発の経緯、特徴や活用事例をご紹介します。 … 全文を読む>>

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアム中間検討会の開催

2020年10月12日

(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアム中間検討会の開催

●実証課題名:次世代につなぐ水稲・白ネギを柱にした中山間地域水田複合経営モデルの実証~農業の「ユニバーサルデザイン化」・「データの見える化」を目指して~  令和2年9月24日(木)、鳥取県米子市の鳥取県西部総合事務所会議室において「㈱福成農 … 全文を読む>>

第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議の開催

2020年10月12日

第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議の開催

●実証課題名「棚田地域における安定的な営農継続のための先端機械・機器低コスト共同利用モデルの実証」  令和2年9月23日(水)、岐阜県下呂市金山町の菅田公民館において第2回「先端機械・機器低コスト共同利用モデル実証コンソーシアム」推進会議が … 全文を読む>>

(関東農政局)「関東食料・農業・農村をめぐる事情」(令和2年9月)を公表

2020年10月 9日

関東農政局は、管内で行われている取組やその効果等を紹介する「関東食料・農業・農村をめぐる事情」(令和2年9月)を作成、ホームページに掲載した。 第I章は、管内で行われている取組について、その概要や背景、創意工夫をこらしている点、具体的な効果、経営改善の状況等を政策分野別に記載し、 … 全文を読む>>

(農研機構)「米粉適性の高い水稲多収品種「ミズホチカラ」の栽培技術」標準作業手順書を掲載

2020年10月 8日

「ミズホチカラ」は、これまで農研機構が開発した多収の米粉用に向く品種の中でも、米粉パンの膨らみと硬さのバランスに優れる品種である。この特性が評価され、2019年の生産量が数千tと増加している一方、本品種は晩生等のため気候条件の影響を受けやすく収量が安定しないという問題も抱えている … 全文を読む>>

「令和2年度 病害虫発生予報第8号」の発表について

2020年10月 7日

農林水産省は、令和2年度病害虫発生予報第8号を発表。向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●野菜類では、ハスモンヨトウの発生が東北、北陸、東海、近畿、中国、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予想されている。 ●茶では、カンザワハダニの発生 … 全文を読む>>

収入保険における「新型コロナウイルス特例」について

2020年10月 7日

農林水産省は、収入保険の令和3年の基準収入の算定に当たり、新型コロナウイルス感染症による収入減少の影響が反映されないよう、令和元年以前の収入を用いて、令和2年の収入(単位面積当たり収入)を調整し、過去5年間の平均収入を補正する「新型コロナウイルス特例」を新たに設けることとした。  … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和2年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(9月15日現在)

2020年10月 6日

米穀安定供給確保支援機構は、主要産地における令和2年産水稲の収穫量及び作柄概況等について(第1報)、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農山漁村の起業促進施策『INACOME』における地域課題の募集

2020年10月 5日

農林水産省は、農山漁村の課題解決のための取組を推進するため、起業促進施策「INACOME(イナカム)」において起業者と地域課題のマッチングプログラムを新たに開始し、当該プログラムにより解決を目指す地域課題を募集する。10月22日(木)締切。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農研機構)世界の穀物生産における温暖化への適応費用を試算

2020年10月 5日

農研機構を中心とした研究グループは、生産費用と収量の関係をもとに、気候変動(地球温暖化)が世界の主要穀物の生産に及ぼす影響とその適応に要する費用を試算した。 対工業化以前2℃の上昇では、温暖化がない場合と比較して世界全体の生産額は年間800億ドル相当減少し、このうち610億ドルに … 全文を読む>>

野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年10月)について

2020年10月 5日

農林水産省は、東京都中央卸売市場に出荷される野菜の生育状況及び価格見通し(令和2年10月)について、主産地等からの聞き取りを行い、その結果を公表した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「スマート農業推進総合パッケージ」を策定

2020年10月 2日

農林水産省は、食料・農業・農村基本計画に基づく「スマート農業プロジェクト」の検討の成果として、スマート農業の現場実装を加速化するための施策を「スマート農業推進総合パッケージ」及び「スマート農業支援サービス育成プログラム」として取りまとめた。 今後、この政策パッケージに基づき、政策 … 全文を読む>>

令和2年産の水田における作付状況

2020年10月 2日

農林水産省は、令和2年産の水田における作付状況(令和2年9月18日現在・速報値)を取りまとめた。 令和2年産の戦略作物の取組計画の認定結果等を取りまとめた結果、全国の主食用米の作付面積は、都道府県ごとの増減があるものの、前年実績(137.9万ha)から1.3万ha減少し、136. … 全文を読む>>

「米の輸出実績について」を更新

2020年10月 2日

農林水産省は、2020年1月から8月までのコメおよびコメ加工品の輸出実績をホームページに掲載した。 1月から8月までの商業用の米の輸出合計は、数量12,574t(対前年同期+20%)、金額3,388百万円(同+23%)となっている。 詳細はこちらから ▼「米の輸出について」のペー … 全文を読む>>

令和2年産米の農産物検査結果(速報値)(令和2年8月31日現在)

2020年10月 1日

8月31日現在の検査数量は、水稲うるち玄米で225.3千t、水稲もち玄米は4.6千t、醸造用玄米は0.7千t。水稲うるち玄米の225.3千tは、元年産の検査数量4,491.1千t(2年3月31日現在)の5.0%に相当する。 なお、飼料用もみは0.9千t、飼料用玄米は10.9千tと … 全文を読む>>

令和2年産水稲の作付面積及び9月15日現在における作柄概況

2020年10月 1日

●令和2年産水稲の作付面積(青刈り面積を含む。)は157万5,000haで、前年産に比べ9,000ha減少の見込み。うち主食用作付見込面積は136万6,000haで、前年産に比べ1万3,000ha減少の見込み。 ●9月15日現在における水稲の作柄は、7月の低温、日照不足等の影響が … 全文を読む>>

令和2年産麦の農産物検査結果(速報値)(令和2年8月31日現在)

2020年10月 1日

●令和2年産麦類の検査数量は、8月31日現在で714.8千tで、前年同期比92.1%となっている。 ●種類別では以下の通り。 普通小麦  501.8千t(前年同期比89.4%) 普通小粒大麦 53.7千t(同101.1%) 普通大粒大麦 93.0千t(同103.0%) 普通裸麦  … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(令和2年10月)

2020年10月 1日

令和2年10月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

(東海農政局)食品安全セミナーWeb配信中~「その1新しい制度について」「その2原材料が生鮮食品の場合」~

2020年10月 1日

東海農政局は、食品安全セミナーの開催ができるまでの間、食品の安全に関する事項を5分程度の動画にまとめ、役立つ情報を配信している。 今回は新しくなった表示制度の中から「加工食品の原料原産地表示の基本的な見方」について5回に分けて紹介。まずは、その1「新しい制度について」、その2「原 … 全文を読む>>

(農研機構)欧州駐在員レポート「オランダのアニマルウェルフェアとBeter Leven表示」を掲載

2020年10月 1日

農研機構は、欧州駐在員レポート「オランダのアニマルウェルフェアとBeter Leven表示」をホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>