提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムが令和2年度第2回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)

2020年10月30日

●実証課題名:次世代につなぐ水稲・白ネギを柱にした中山間地域水田複合経営モデルの実証~農業の「ユニバーサルデザイン化」・「データの見える化」を目指して~


 鳥取県では今年度より、南部町の(株)福成農園及び(同)清水川を実証農家として、スマート農業技術の開発・実証プロジェクトに取り組んでいる。


 10月6日、コロナ対策を実施しつつ、関係機関、生産者、報道機関等を参集し、(株)福成農園の実証圃場において、令和2年度 第2回スマート農業技術実演会を開催。①食味・収量コンバインによる収穫作業およびデータ取得、②自動操舵システムによる白ネギ土寄せ作業、③アシストスーツを活用した米袋の運搬作業の技術実演を行った。


 初めに、本コンソーシアムの実証代表者である、鳥取県農林水産部 農業振興戦略監 とっとり農業戦略課の松田室長から開会の挨拶があり、続いて、進行管理役の鳥取県西部農業改良普及所の角脇次長、(株)中四国クボタの山根氏から実演内容および実演機械についての説明があった。経営管理システム(KSAS)については(株)クボタの青山技術顧問から詳細な紹介が行われた。


smart_tottori201006_0009.jpg  smart_tottori201006_0002.jpg
左 :鳥取県農林水産部 農業振興戦略監 とっとり農業戦略課の松田室長
右 :鳥取県西部農業改良普及所の角脇次長


①食味・収量コンバインによる収穫作業およびデータ取得
 これまでは、圃場ごとに食味や収量を把握することが困難であったが、(株)クボタの食味・収量コンバイン(DR595)は、収穫作業と同時に圃場ごとの籾の水分含有率やタンパク含有率、収穫重量の計測が可能である。得られたデータは、コンバインからKSASに自動的に送信、記録される。圃場ごとの特性を簡易に把握できるため、次年度の施肥設計など、栽培管理に役立てることができる。


smart_tottori201006_0048.jpg
食味・収量コンバイン(DR595)で収穫作業


smart_tottori201006_0060.jpg  smart_tottori201006_0022.jpg
KSASについて説明をする(株)クボタの青山技術顧問


②自動操舵システムによる白ネギ土寄せ作業
 (株)福成農園ではメインの水稲のほか、白ネギも栽培している。土寄せ作業は熟練のオペレーターによる、直進走行が必須となるが、熟練オペレーターの人員不足、疲労蓄積が大きな課題となっている。そこで、衛星からの測位情報および地上からのRTK測位を行い、誤差2~3cmと非常に精度の高い位置情報を受信する、(株)トプコンの自動操舵システムを既存のトラクタに取り付けることで、自動でまっすぐなハンドル操作が可能となる。結果、経験の浅いオペレーターでも熟練オペレーターと遜色ない作業ができるほか、神経を使うハンドル操作からの解放により、疲労軽減が期待される。


smart_tottori201006_0158.jpg  smart_tottori201006_0180.jpg
左 :受信機のほか専用ハンドル、モニターを既存のトラクタに取り付ける
右 :まっすぐな作業跡により、自動操舵が高性能であることが分かる
 benri_movie1.jpg(動画を再生)


③アシストスーツを活用した米袋の運搬作業
 出荷用玄米は1袋30kgと重く、運搬作業は重労働となっている。(株)クボタのアシストスーツは、手元のスイッチ一つで袋を持ち上げる腕と腰のアシストを行うため、荷物上げ下ろし時の負担が軽減される。使いこなすまでには数日間の練習が必要だが、慣れてくれば大きな助けとなる。


smart_tottori201006_0197.jpg  smart_tottori201006_0231.jpg
左 :アシストスーツの説明をする(株)中四国クボタの山根氏
右 :実際に米袋を持ち上げる(株)福成農園の野口社長


 (株)福成農園の野口社長は、今実証に取り組んでみて、「どの機械も素晴らしいことは確かである。それを使いこなすために、我々使用する側も機械の特性について勉強しなければならない」と述べた。


※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:水2G11、課題名:次世代につなぐ水稲・白ネギを柱にした中山間地域水田複合経営モデルの実証、事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)」の支援により実施されました。


関連情報
(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアム中間検討会の開催
(株)福成農園スマート農業実証コンソーシアムで第1回スマート農業技術実演会を開催(鳥取県南部町)