提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」令和2年度現地実演会を開催(岡山県真庭市)

2020年08月25日

 「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」は、7月29日(水)、農事組合法人 寄江原の実証農場(岡山県真庭市)で、「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト現地実演会」を開催。当日は梅雨明け前の不安定な天候ではあったものの、 地元生産者、農業関係者、マスコミ等を中心に約100名が参加した。


smart_okayama200729_1.jpg
農事組合法人 寄江原の矢萩代表理事の挨拶


 参加者が熱心に見守る中、以下の実演が行われた。


1.草刈機
①農研機構が開発中の急傾斜法面に特化した小型草刈機の実演
②クボタラジコン草刈機(ARC500)の実演
③ハイブリッドラジコン草刈機(アテックス:RJ700)の実演


smart_okayama200729_2.jpg  smart_okayama200729_5.jpg
クボタラジコン草刈機(ARC500)(左)と、ハイブリッドラジコン草刈機(アテックス:RJ700)(右)


2.自動操舵トラクタ
①トプコンの自動操舵システムを搭載したトラクタによるロータリー作業の実演
②直進アシスト付きトラクタ(クボタ:SL410GS)による作業実演(写真下)


smart_okayama200729_3.jpg


3.ほ場水管理システム
ほ場水管理システム「WATARAS」についての説明。


smart_okayama200729_4.jpg

○SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ構成員
●代表機関   :岡山県農林水産総合センター
●生産者    :農事組合法人 寄江原
●進行管理役  :岡山県美作県民局真庭農業普及指導センター
●共同実証機関 :岡山県農林水産総合センター、岡山県美作県民局真庭農業普及指導センター、(株)中四国クボタ、国立大学法人岡山大学、(一社)全国農業改良普及支援協会、真庭市、岡山県立真庭高等学校、全国農業協同組合連合会岡山県本部、晴れの国岡山農業協同組合、真庭スマート農業利用組合、(株)アグリスト・めぐみ農園


※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:中G08、課題名:集落営農法人による持続可能な中山間地地域営農体系の実証(岡山県真庭市)、事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)」の支援により実施されました。


関連情報
スマート農業技術の開発・実証プロジェクト第3回推進会議を開催(岡山県真庭市)
スマート農業技術の開発・実証プロジェクト現地研修会を開催 「SDGs未来杜市・真庭スマート農業オープンラボ」(岡山県真庭市)
スマート農業技術の開発・実証プロジェクト第1回推進会議(岡山県真庭市)
SDGs未来杜市真庭スマート農業オープンラボお披露目会の開催(岡山県真庭市)