提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


トピックス2019年09月


食料生産~消費がもたらす窒素負荷の長期変遷 -窒素フットプリントから考える食の選択-

2019年9月20日

農研機構は、日本の食料消費に伴って国内外の環境中で生じている窒素負荷(=食の窒素フットプリント)の長期変遷を初めて明らかにした。 本成果は、食品ロスを減らし、日本人の食事摂取基準に沿った食生活を送ることが地球環境問題解決の大きな鍵となることを示しており、「食育」などを通じて、窒素 … 全文を読む>>

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議を開催

2019年9月20日

第2回神崎町スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議を開催

 9月13日千葉県神崎町の神崎町役場会議室において第2回スマート農業実証プロジェクト研究会推進会議が開催され、関係機関から約20名の参加があった。  はじめに農事組合法人神崎東部の大原代表理事からの挨拶で、収穫期の台風15号の来襲で、収穫乾 … 全文を読む>>

長野県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内44例目)について

2019年9月19日

9月19日、国内42例目の発生に伴い監視対象となっていた長野県下伊那郡高森町の農場において豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :長野県下伊那郡高森町 飼養状況:140頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(日本草地畜産種子協会)「難防除雑草駆除優良事例集」を作成

2019年9月19日

(一社)日本草地畜産種子協会は、農林水産省の補助を受けて、難防除雑草が繁茂した生産性の低い牧草地を高位生産草地に転換する飼料生産基盤利活用緊急対策事業(草地難防除雑草駆除対策)に取り組み、平成29年度から平成30年度に実施した草地の植生改善の取り組みの効果をまとめた「草地難防除雑 … 全文を読む>>

(東海農政局)「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新

2019年9月19日

東海農政局は、「図でわかる東海3県の農林水産業」を更新し、ホームページに掲載した。 「図でわかる東海3県の農業」は、農林水産統計調査結果を用いて図と簡単な解説により、岐阜、愛知、三重の東海3県の農業の姿がわかるように作成されている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

2050年における世界の食料需給見通しの公表について(世界の超長期食料需給予測システムによる予測結果)

2019年9月18日

農林水産省は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書(平成26年公表)を踏まえ、民間事業者に委託し、学識経験者の助言を得て、超長期食料需給予測システムによる「2050年における世界の食料需給見通し」を実施し、その結果を取りまとめた。 ●世界全体 人口増加と経済 … 全文を読む>>

(農研機構)令和元年台風第15号に伴う強風と大雨による農業被害に対する技術相談窓口の設置について

2019年9月18日

農研機構は、令和元年台風第15号に伴う強風と大雨による農業被害に対する技術相談窓口を設置し、地方公共団体等の関係者、生産者からの技術的相談に対応することとした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

2019年9月17日

コンソーシアム間の交流会の開催(農事組合法人寄江原(岡山県真庭市)が農事組合法人田原(長野県伊那市)を視察)

 SDGs未来杜市真庭スマート農業オープンラボ(岡山県真庭市)は、スマート農業の推進にあたり、"同じ中山間地という条件で、集落営農法人が牽引役となって地域の特徴を活かした営農を推進している地域との交流をしたい"という目的で、8月22日(木) … 全文を読む>>

埼玉県、長野県における豚コレラの疑似患畜および患畜の確認(国内41、42、43例目)について

2019年9月17日

①国内41例目 9月13日、埼玉県秩父市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :埼玉県秩父市 飼養状況:678頭 ②国内42例目 9月14日、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた長野県塩尻市の長野県畜産試験場において豚コレラの患畜が … 全文を読む>>

平成30年産米の相対取引価格・数量について(令和元年8月)

2019年9月17日

農林水産省は、平成30年産米の「相対取引価格・数量(令和元年8月)」について取りまとめた。 令和元年8月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で15,706円/玄米60kg、相対取引数量は、全銘柄合計で5万tとなっている。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

「新蚕業プロジェクト方針」の公表

2019年9月17日

農林水産省は、シルクを利用した新たな市場創出と、需要にあった生産体制の構築に向け、政府や関係機関等が今後実施すべき取組の方向性を示す「新蚕業プロジェクト方針」を策定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成30年農作物作付(栽培)延べ面積及び耕地利用率

2019年9月13日

●田畑計の作付(栽培)延べ面積は404万8,000haで、飼料作物、野菜等の作付面積が減少したことから、前年に比べ2万6,000ha(1%)減少した。田畑計の耕地利用率は91.6%で、前年並みとなった。 ●田の作付(栽培)延べ面積は223万6,000haで、前年並みとなった。  … 全文を読む>>

米に関するマンスリーレポート(令和元年9月号)の公表

2019年9月12日

●平成30/令和元年(平成30年7月から令和元年6月までの1年間)の需要実績は、前年(740万t)から6万t減少し、734万tとなった。 ●令和元年6月末民間在庫量は、前年から1万t減少し、189万tとなった。 ●和元/2年の需要見通しについては、平成30年11月の基本指針におい … 全文を読む>>

令和元年度肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格の改定について

2019年9月12日

農林水産省は、9月10日、食料・農業・農村政策審議会に対し、消費税率の引上げに伴う令和元年度の肉用子牛の保証基準価格及び合理化目標価格の改定について諮問を行い、その答申を受けた。 これを踏まえ、これらの価格を改定し、令和元年10月1日からこれを適用する。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「令和元年度 病害虫発生予報第7号」の発表

2019年9月12日

農林水産省は、令和元年度病害虫発生予報第7号を発表。 向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。 ●水稲では、トビイロウンカの発生が、東海、近畿、中国、四国及び九州の一部の地域で多くなると予想され、四国及び九州の一部では警報も発表されている。水田の … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)「砂糖類・でん粉情報」最新号9月号をホームページに掲載

2019年9月11日

(独)農畜産業振興機構は、「砂糖類・でん粉情報」最新号9月号をホームページに掲載。 《記事の一例》 『生育情報を利用した可変施肥によるてん菜およびでん粉原料用ばれいしょの増収効果』  (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 十勝農業試験場 研究部 生産システムグループ  … 全文を読む>>

令和元年8月の前線に伴う大雨による農林水産関係被害への支援対策について

2019年9月11日

令和元年8月の前線に伴う大雨による浸水、油流出等により、九州・中国四国地方をはじめ各地域の農林水産業に被害がもたらされた。 このため、被災された農林漁業者の方々が営農意欲を失わず一日も早く経営再建できるよう、農林水産省は、以下の総合的な対策を講じることとした。今後も、状況に応じて … 全文を読む>>

地理的表示(GI)の登録について

2019年9月10日

農林水産省は、特定農林水産物等の名称の保護に関する法律(地理的表示法)に基づき、地理的表示(GI)を登録した。 登録番号83:比婆牛 ●登録生産者団体 :あづま蔓振興会 ●農林水産物等の生産地 :広島県 登録番号84:豊島タチウオ ●登録生産者団体 :呉豊島漁業協同組合 ●農林水 … 全文を読む>>

「農の雇用事業」第4回目の募集を開始(令和2年1月研修開始分)

2019年9月 9日

農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施している。このたび、令和2年1月からの研修を対象に、事業参加者の募集を開始する。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」の開催結果について

2019年9月 6日

農林水産省は、平成30年9月に我が国で26年振りとなる豚コレラの発生が確認されてから1年が経過するに当たり、9月5日に「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」を開催し、豚コレラに関する今後の対応について決定した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

岐阜県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内40例目)について

2019年9月 6日

9月5日、野生イノシシ陽性確認地点から10km以内にあり監視対象となっていた岐阜県中津川市の農場において豚コレラの疑似患畜が確認された。 所在地 :岐阜県中津川市 飼養状況:309頭 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(日本草地畜産種子協会)令和2年播種用「飼料用イネの栽培と品種特性」パンフレットを作成

2019年9月 5日

(一社)日本草地畜産種子協会は、令和2年播種用「飼料用イネの栽培と品種特性」のパンフレットを作成、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

ゲノム編集のすべてが分かる「バイオステーション」のサイトを開設

2019年9月 5日

第2期SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)における課題「スマートバイオ産業・農業基盤技術」の一環として、「最新育種ネットワーク」(代表機関:農研機構)は、ゲノム編集を分かりやすく説明するサイト「バイオステーション」を開設した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

HACCP伝道師養成研修を開催

2019年9月 4日

東京サラヤ(株)は、農林漁業者を含む食品製造事業者にHACCPの考え方を取り入れた衛生管理の普及を即戦力で支援するためのスペシャリストを養成する「HACCP伝道師養成研修」を全国6会場で開催する。定員各50名、参加費30,000円。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

「福島県の農林水産業の復旧・復興に向けて」について

2019年9月 4日

農林水産省は福島県の農林水産業の将来を見据えた復旧・復興に向けた取組について、3月以降省内で検討を行うとともに、地元福島県やJA福島中央会、被災12市町村長とも意見交換を実施、共同で取りまとめをおこない、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

農村地域人口と農業集落の将来予測結果について

2019年9月 3日

農林水産省は、農業地域類型別に組替集計した国勢調査データによるコーホート分析結果や「地域の農業を見て・知って・活かすDB」(農林水産省統計部)の集落別推計人口データを用いて、30年後(西暦2045年)の農村地域人口と農業集落構造の変化を予測した。 ●農山村における人口減少と高齢化 … 全文を読む>>

我が国の食料消費の将来推計(2019年版)について

2019年9月 3日

農林水産省は、人口減少や高齢化の進展、ライフスタイルの変化等を踏まえ、2015年国勢調査による将来推計人口、家計調査等のデータを用いて、我が国の将来の食料消費(食料支出、食の外部化等)について分析を行い、食料消費の将来推計(2019年版)を取りまとめた。 ●1人当たり食料支出は、 … 全文を読む>>

平成30年産 大豆生産費

2019年9月 3日

●組織法人経営 平成30年産大豆の10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は5万4,809円 で 、前年産に比べ6.6%減少し、60kg当たり全算入生産費は2万3,677円で、前年産に比べ15.3%増加した。 ▼詳細はこちらから ●個別経営 平成30年産 … 全文を読む>>

平成30年産 そば生産費

2019年9月 3日

平成30年産そばの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は3万6,050円で、前年産に比べ0.5%減少し、45kg当たり全算入生産費は、3万2,163円で前年産に比べ52.3%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

令和元年産水稲の8月15日現在における作柄概況

2019年9月 2日

●東日本を中心とした早場地帯(19道県)の作柄は、北海道、東北及び北陸は「やや良」、その他の地域はおおむね「平年並み」と見込まれる。 これは、田植期以降おおむね天候に恵まれ、7月上中旬は低温・日照不足傾向となったものの、7月下旬以降天候が回復したことから、全もみ数は平年以上に確保 … 全文を読む>>

令和2年度農林水産予算概算要求の概要について

2019年9月 2日

農林水産省は、令和2年度農林水産予算概算要求の概要を取りまとめ、ホームページに掲載した。 予算総額は2兆7,307億円で、対前年度比118.2%となっている。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

愛知県における豚コレラの疑似患畜の確認(国内39例目)について

2019年9月 2日

国内35例目の移動制限区域内にある愛知県豊田市の養豚農場において豚コレラの清浄性確認検査を行ったところ、8月31日、1農場において疑似患畜が確認された。 所在地 :愛知県豊田市 飼養状況:247頭 詳細はこちらから … 全文を読む>>

野菜の入荷量と価格の見通し(令和元年9月)

2019年9月 2日

令和元年9月の野菜の入荷量と卸売価格の見通しが発表された。各地域の詳細は以下のとおり。 (農政局名をクリックすると該当するページが表示されます) ● 東北農政局 ● 関東農政局 ● 北陸農政局 ● 東海農政局 ● 近畿農政局 ● 中国四国農政局 ● 九州農政局 … 全文を読む>>

平成30年産 原料用ばれいしょ生産費

2019年9月 2日

平成30年産原料用ばれいしょの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は9万1,330円で、前年産に比べ2.0%増加し、100kg当たり全算入生産費は2,293円で、前年産に比べ3.1%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成30年産 さとうきび生産費

2019年9月 2日

平成30年産さとうきびの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は13万9,651円で、前年産に比べ4.1%減少し、1t当たり全算入生産費は2万5,992円で、前年産に比べ5.5%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

平成30年産 原料用かんしょ生産費

2019年9月 2日

平成30年産原料用かんしょの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」)は15万3,446円で、前年産に比べ6.3%増加し、100kg当たり全算入生産費は5,766円で、前年産に比べ3.0%増加した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(日本茶輸出促進協議会)2019年1~6月の日本茶輸出実績を公開

2019年9月 2日

日本茶輸出促進協議会は、2019年1~6月の日本茶輸出実績をホームページに掲載した。 ●1~6月日本茶輸出は、前年比105%と、前年を上回ることができた。特に、大口の輸出先国である米国、カナダが順調な伸びをしており、全体実績を牽引している。 ●輸出に占める「粉末状」の緑茶が全体の … 全文を読む>>