提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「令和元年度病害虫発生予報第9号」の発表

2019年11月14日

農林水産省は、令和元年度病害虫発生予報第9号を発表。
向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。


●野菜類では、いちごのハダニ類の発生が、中国、四国及び北九州の一部の地域で多くなると予想されている。ほ場の観察をきめ細かく行うとともに、都道府県から発表される発生予察情報等を参考に適期に防除を実施。このほか、いちごのアブラムシ類等、病害虫が多くなると予想されている地域があるので注意が必要。
●果樹や茶では、翌春の病害虫防除を効率的かつ効果的に実施するため、病害虫の越冬量を低下させ、翌春の発生を抑制することが重要となる。果樹の病害対策として、感染落葉やり病部を除去するとともに、翌春までに園外に持ち出すか、土壌中にすきこむ等、適切に処理をおこなう。また、虫害対策として、ハダニ類及びカイガラムシ類の発生が多かった園地では、粗皮削りやマシン油散布による防除を実施。茶のカンザワハダニが多発した園地では、秋整枝後の薬剤散布等の防除を実施する。


詳細はこちらから