提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


令和元年産米等における需要に応じた生産に向けた対応について

2019年06月25日

令和元年産の4月末時点での作付意向調査においては、同年2月末時点のものと比較すると、主食用米については、作付意向面積が対前年で減少傾向にある県の数が増加(減少6県→15県)する一方、飼料用米(増加12県→6県)及び加工用米(増加15県→12県)については、作付予定面積が対前年で増加傾向にある県の数が減少しており、飼料用米、加工用米、米粉用米等の実需者からも安定供給が求められている。
こうした状況を踏まえ、飼料用米、加工用米、米粉用米等の更なる推進を図るため、令和元年産においては加工用米取組計画認定申請書及び新規需要米取組計画書の追加・変更の受付けを令和元年7月31日まで認めることとする。


詳細はこちらから