提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


青果物卸売市場調査(平成30年年間計及び月別結果)

2019年04月26日

●野菜の卸売数量及び卸売価額(全国)
平成30年の青果物卸売市場における野菜の卸売数量は988万tで、前年に比べ2%減少した。これは、たまねぎ、にんじん等の入荷量が減少したことによる。卸売価額は2兆2,321億円で、前年に比べ2%増加した。これは、にんじん、きゅうり等の卸売価格が上昇したことによる。


●輸入野菜(主要都市)
主要都市の青果物卸売市場における輸入野菜の卸売数量は18万9千tで、前 年に比べ10%増加した。これは、かぼちゃ、アスパラガス等の入荷量が増加したことによる。卸売価額は446億円で、前年に比べ1%減少した。これは、にんにく、かぼちゃ等の 卸売価格が低下したことによる。


●果実の卸売数量は301万tで、前年に比べ1%減少した。これは、りんご、かき等の入荷量が減少したことによる。卸売価額は1兆579億円で、前年に比べ2%増加した。これは、いちご、ぶどう等の卸 売価格が上昇したことによる。


詳細はこちらから