提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


フラワーアレンジメントが高次脳機能障害者の記憶力向上に効果

2018年12月20日

農研機構と茨城県立医療大学は、2010年にフラワーアレンジメントを作成する作業を通して認知機能の訓練を行う手法(SFAプログラム)を開発。SFAプログラムを実施すると、記憶力が向上し、その効果が3ヵ月間保たれることを明らかにした。今後、高次脳機能障害者の認知リハビリテーション手法として、その効果が期待される。


詳細はこちらから