提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


タキイ種苗「2018年 平成最後の野菜の総括」を発表

2018年12月14日

タキイ種苗は、2018年の年末を前に、310人の男女を対象に「野菜」に関する調査(インターネット調査)を実施した。今年で4回目となる本調査では、「2018年の野菜」の総括に加え、平成最後の節目の年として30年間を振り返り、野菜の変化や流行などについて明らかにした。


●平成を振り返って
・平成に流行った野菜トップ3は、「パクチー(コリアンダー)」、「アボカド」、「フルーツトマト」
・平成を通して野菜の存在が大きくなってきた

●2018年 野菜の総括
・「野菜の高騰」実感が約8割。特に葉物野菜の「値上がり感」が目立つ
・「キャベツ」は「例年より高いと感じた野菜」1位にもかかわらず、2018年「よく食べた野菜」、「高くても買う野菜」1位


詳細はこちらから