提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「AIの機械学習による自動ほ場抽出に関する共同研究」の実施について

2018年10月01日

農林水産省は、これまでの技術開発では初めての取組として、国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)と共同研究契約書を締結し、産総研が有する最先端のAI(人工知能)の機械学習技術を用いた人工衛星画像データの解析による、農地の区画情報の変化を自動抽出する共同研究を開始した。
共同研究の成果は、統計調査の効率化のみならず、農業ICTの推進に大きく貢献することが期待される。


詳細はこちらから