提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


平成30年産一番茶の摘採面積、生葉収穫量及び荒茶生産量(主産県)

2018年08月22日

●主産県の摘採面積は2万7,800haで、前年産に比べ400ha(1%)減少した。
●主産県の10a当たり生葉収量は472kgで、前年産に比べ14%上回った。
●主産県の生葉収穫量は13万1,200t、荒茶生産量は2万6,200tで、前年産に比べそれぞれ1万4,400t(12%)、2,800t(12%)増加した。


詳細はこちらから