提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「平成30年度 病害虫発生予報第5号(水稲及び平成30年7月豪雨関係)」の発表

2018年07月27日

農林水産省は、平成30年度病害虫発生予報第5号(水稲及び平成30年7月豪雨関係)を発表。
向こう1か月の主要な病害虫の発生予察情報(発生予報)については以下の通り。
また、平成30年7月豪雨による大雨の影響があった地域では、これまで大雨の影響による病害の広域的な発生は確認されていないが、ほ場の観察をこまめに行い、大雨の影響により病害が発生したほ場が確認された場合は、適切に防除を行う。


水稲では、斑点米カメムシ類の発生が北陸及び南九州の一部の地域で多くなると予想される。本虫は、水田周辺の雑草に生息し、出穂期になると水田に侵入し穂を加害する。近年は、移動性が高い飛翔性のアカスジカスミカメとアカヒゲホソミドリカスミカメの発生が多くなっている。
本虫による被害の程度は、出穂期の早晩、水田への本虫の侵入量、カメムシの発生種の構成等によって異なるので、水田の観察を行い、今後も都道府県から発表される発生予察情報等を参考に、適期に防除を実施する。
なお、水田周辺雑草の除草は本虫の発生量の抑制に効果的だが、出穂期直前の除草は、本虫の水田への侵入を助長し被害を増加させるおそれがあるため、出穂期の10日前までに完了する。


詳細はこちらから