提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)平成30年7月豪雨被害による農作物への影響と対応についてのQ&Aを掲載

2018年07月17日

平成30年7月豪雨による被害の全貌は、現時点で十分把握できていないが、農地の冠水、大量の土砂・土石の流入、表土の流亡の他、法面の崩壊、果樹棚などの施設の崩壊、農地までの道路の損壊など、甚大な被害が想定される。
その中で、早期の営農再開に向けた取り組みが検討されており、技術的な対応の参考にしてもらうため、農研機構は、とりまとめた情報をQ&Aとしてホームページに掲載した。


詳細はこちらから