提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」~いつでもどこからでも参加できる農業機械展示会サイトを期間限定オープン~

2020年7月10日

「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」~いつでもどこからでも参加できる農業機械展示会サイトを期間限定オープン~

新型コロナウイルスの影響により例年通りの展示会開催が制限されることから、株式会社クボタは、オンラインでの農業機械の展示会として、「農フェス!クボタバーチャル展示会2020」(以下「農フェス」)のサイトを6月16日オープンした。 オンラインで … 全文を読む>>

(薬用作物産地支援協議会)「薬用作物産地支援栽培技術研修会」を開催

2020年7月10日

薬用作物産地支援協議会(全国農業改良普及支援協会および日本漢方生薬製剤協会により設置)は、農林水産省の薬用作物産地支援体制整備事業により、「薬用作物産地支援栽培技術研修会」を開催。受講料無料。 ●研修対象者 都道府県の普及職員、JA営農指導員、市町村職員、その他薬用作物の産地育成 … 全文を読む>>

(農研機構)農業被害に対する技術相談窓口を設置

2020年7月 9日

7月4日からの梅雨前線の活発化に伴い、九州地方を中心に豪雨が続き、記録的な降水量となっており、九州地方を中心に農業生産、農地、土地改良施設へ甚大な被害が発生したものと想定される。農研機構は、地方公共団体等の関係者、生産者からの豪雨による被害対策について、技術的に支援するための相談 … 全文を読む>>

(農畜産業振興機構)やさいレポート、やさいマンスリーレポート7月号を掲載

2020年7月 9日

農畜産業振興機構は、やさいレポートおよびやさいマンスリーレポート7月号をホームページに掲載した。 やさいレポートでは、キャベツ、だいこん、たまねぎ、にんじん、はくさい、レタスの6品目について、品目別に価格、消費及び貿易の情報を毎月まとめて掲載している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

福島県原子力被災12市町村の営農再開の加速化に向けて「市町村を越えた広域的な高付加価値産地構想」を公表

2020年7月 9日

農林水産省は、福島県の原子力被災12市町村の営農再開の加速化に向けた広域的な高付加価値産地構想を取りまとめ、公表した。 概要は以下の通り。 (1)拠点となる加工施設等を核にした取組 ・広域JAと米飯加工業者が連携し、中食・外食用の米を広域的かつ長期契約で生産する産地 ・国産需要が … 全文を読む>>

(米穀安定供給確保支援機構)主要産地における令和2年産水稲の生育状況等について(7月7日取りまとめ)

2020年7月 8日

米穀安定供給確保支援機構は、主要産地における令和元年産水稲の生育状況等について(第8報)、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊

2020年7月 8日

(農研機構)温暖化の農業へ与える影響と適応策をまとめた 「地球温暖化と日本の農業」を発刊

農研機構は、「地球温暖化と日本の農業-気温上昇によって私たちの食べ物が変わる!?-」を発刊した。 本書では、農研機構がこれまで実施してきた現場での栽培試験や研究成果をもとに、温暖化の現状や、将来、世界の食糧生産へ与える影響について解説。また … 全文を読む>>

(日本特産農産物協会)地域特産物マイスターの推薦・募集について

2020年7月 7日

(公財)日本特産農産物協会は、令和2年度の地域特産物マイスター候補者の推薦・募集を開始。9月末まで受け付けを行う。 詳細はこちらから ▼地域特産物のページはこちら  … 全文を読む>>

「アグリビジネス創出フェア2020」出展者を募集

2020年7月 6日

農林水産省は、令和2年11月に東京ビッグサイトで開催される「アグリビジネス創出フェア2020」の出展者等の募集を行う。第17回目となる今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、ソーシャルディスタンスに配慮した上で、展示場所のスペースの確保や会場の換気、事前の入場者登録、 … 全文を読む>>

サカタ・シード・アメリカがパプリカ品種開発を強化

2020年7月 6日

サカタのタネの子会社「サカタ・シード・アメリカ」は、令和2年6月17日、イスラエルの種苗会社「ダンジガー社」からパプリカの育種プログラムを取得した。同社の育種プログラムおよび既存品種などが加わることにより、より優れた品種の開発が可能となる。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>