提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「天敵を活用したイチゴの上手な病害虫防除」を掲載

2019年1月28日

「天敵を活用したイチゴの上手な病害虫防除」を掲載

全国農業システム化研究会の実証調査事業(主催:(一社)全国農業改良普及支援協会) では、「重要病害虫対策に係わる生物農薬等の利活用に関する実証調査」をテーマに掲げ、IPM(総合的病害虫管理)に関する実証調査に取り組んでいる。 研究会ではこの … 全文を読む>>

農業データ連携基盤(WAGRI)の本格運用について

2019年1月22日

内閣府が実施する第1期戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の「次世代農林水産業創造技術」において、農業ICTの抱える課題を解決し、農業の担い手がデータを使って生産性向上や経営改善に挑戦できる環境を生み出すために構築された、データ連携・共有・提供機能を有するデータプラットフ … 全文を読む>>

農業研究見える化システム「アグリサーチャー」への「対話型検索システム」(チャットボット)の試験導入について

2019年1月21日

農林水産省は、研究成果や研究者等の情報を提供する「アグリサーチャー」の利便性を一層向上させるため、スマートフォンを通じた「対話型検索システム」(チャットボット)の試験導入を行うこととした。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

世界の穀物収穫面積の3分の1で3ヶ月前に収量が予測可能に

2019年1月18日

農研機構農業環境変動研究センターはAPEC気候センター(APCC)と共同で、穀物の世界的な収量変動(対前年の収量増減)を予測する方法を新たに開発した。 5つの気象機関が作成する短期気候予測(季節予測)を利用することにより、トウモロコシ、ダイズ、コメ、コムギの収量を、前年からの変動 … 全文を読む>>

(農研機構)被覆作物による農地保全管理技術マニュアルを掲載

2019年1月18日

農研機構は、「被覆作物による農地保全管理技術マニュアル」を作成、ホームページに掲載した。 ●営農再開の時期と播種時期に応じた被覆作物の選定と管理方法 ●被覆作物の導入の準備、導入、播種時期および管理 ●営農再開が播種の翌春 春播き ●営農再開が播種の翌春 夏播き ●営農再開が … 全文を読む>>

コーヒー粕を利用した土壌消毒技術を開発

2019年1月15日

農研機構は、コーヒー粕を利用した新たな土壌消毒技術を開発した。 コーヒー粕と鉄塩から製造した殺菌用資材(ポリフェノール鉄錯体)を、土壌改良材として使用されている過酸化カルシウムと共に土壌に施用することにより、青枯病の発病が抑制されることを実験室レベルで確認した。安全で環境負荷も少 … 全文を読む>>

「2018年農業技術10大ニュース」を選定

2018年12月25日

農林水産技術会議は、農業技術クラブ(農業関係専門紙・誌など28社加盟)の加盟会員による投票を得て「2018年農業技術10大ニュース」を選定した。 ●TOPIC1[農村] ため池防災支援システムを開発-地震・豪雨時に、ため池の決壊危険度を配信- ●TOPIC2[水田作] 多収で倒 … 全文を読む>>

農業用ポンプ設備の突発的な故障停止を防ぐリアルタイム遠方監視システム

2018年12月 3日

農研機構とトライボテックス(株)、(株)クボタは共同で、運転中の大規模ポンプ設備の潤滑油を常時分析・評価することにより、ポンプの異常兆候をリアルタイムに検出する遠方監視システムを開発した。異常データが発生すると設備管理者の携帯端末に自動で通知され、故障停止の危険性を察知できる。  … 全文を読む>>

2018年分離株を用いた豚コレラウイルスの感染試験 -試験成績を疫学解析や防疫対策に活用-

2018年11月20日

農研機構動物衛生研究部門は、国内で26年ぶりに岐阜県で発生した豚コレラ発生農場の飼養豚から分離されたウイルスを用いて感染試験を行った。 その結果、当該ウイルスは豚に発熱や白血球減少を引き起こすものの、強毒株と比べ、病原性は低いこと、同居豚にも伝播することがわかった。また、ウイルス … 全文を読む>>

濃い紫色で食味の良い紫サツマイモ新品種 「ふくむらさき」-「べにはるか」並に糖度が高く、しっとりとした食感-

2018年11月19日

農研機構は、「パープルスイートロード」より食味が優れ、また紫色の濃いサツマイモ新品種「ふくむらさき」を育成した。 蒸しいもや焼きいもにした時の糖度は「べにはるか」並に高く、肉質は中~やや粘質でしっとりとした食感。 「ふくむらさき」は茨城県など関東を中心とする青果用サツマイモ産地に … 全文を読む>>