提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


「除染後の省力的畦畔管理技術マニュアル」を掲載

2018年4月 2日

農研機構は、「除染後の省力的畦畔管理技術マニュアル」を作成、ホームページに掲載した。 ●目次 ・管理技術の選び方 ・技術の概要(除草剤体系 、抑草剤体系、わら芝による急速緑化、防草シート) ・各技術の比較(抑草効果と持続性、畦畔の機能維持、コスト、省力性、まとめ) 詳細はこちらか … 全文を読む>>

オランダの栽培試験実施機関と共同で作成した特性調査マニュアルを公開

2018年4月 2日

Naktuinbouw(オランダの栽培試験実施機関)と種苗管理センターは共同で、栽培試験のための特性調査マニュアル(英語版)を作成、ホームページに掲載した。 11種類のマニュアルを作成予定で、写真が多く掲載され、特性調査方法を分かりやすく説明している。 詳細はこちらから  … 全文を読む>>

トンネル被覆が不要で良食味な冬春どり若掘りゴボウ「サラサラごんぼ」

2018年3月30日

トンネル被覆が不要で良食味な冬春どり若掘りゴボウ「サラサラごんぼ」

 福岡県では、水田を利用して、長さが30~60cmと短く、青葉の一部を残した若掘りゴボウ「博多新ゴボウ」を栽培しています。  若掘りゴボウは一般的なゴボウと比べて、根が軟らかく食味が良いとされています。ゴボウは、冬になると休眠するため葉が枯 … 全文を読む>>

「飼料用米生産における豚排泄物由来肥料の製造・活用マニュアル」を掲載

2018年3月28日

農研機構は、「飼料用米生産における豚排泄物由来肥料の製造・活用マニュアル」を作成、ホームページに掲載した。 目次 1.はじめに(耕畜連携による地域資源循環システム) 2.液体硫安の製造 3.液体硫安の窒素濃度の把握 4.液体硫安の水田における利用方法 5.豚ぷん堆肥の施用方針 6 … 全文を読む>>

「被覆資材によるリンゴ日焼け軽減マニュアル」を掲載

2018年3月27日

近年、温暖化の影響により猛暑や残暑の厳しい年が増え、リンゴ果実の日焼けが問題となっている。農研機構は、個々の果実を被覆することによる日焼け発生軽減技術を開発。「被覆資材によるリンゴ日焼け軽減マニュアル」としてまとめ、ホームページに掲載した。 詳細はこちらから … 全文を読む>>

農研機構と共同で小麦の品種改良を短期間で可能にするゲノム編集技術を開発

2018年3月26日

(株)カネカは、農研機構と共同で、小麦の品種改良を短期間で可能にする新技術「インプランタゲノム編集技術」を開発した。 この技術は、植物の芽に遺伝子や酵素を直接導入する技術にゲノム編集技術を組み合わせた汎用性の高い新規育種技術で、この研究成果は、作物の品種改良を大きく前進させるもの … 全文を読む>>

『宮城県における輸出リンゴ用栽培マニュアル』を掲載

2018年3月23日

農研機構は、『宮城県における輸出リンゴ用栽培マニュアル』を作成、ホームページに掲載した。 マニュアルでは、宮城県における植物検疫に対応した輸出向けリンゴ防除体系と有袋栽培条件での高品質リンゴ生産体系の概要について紹介するとともに、外国人観光客を対象とした個人携行輸出について簡単に … 全文を読む>>

受胎に有利な精子を泳ぎ方で選んで捕集する技術 -精子の健全性を泳ぎの形で選別して、牛の繁殖で実証-

2018年3月23日

(国研)産業技術総合研究所は、健全性の高い精子を選別・捕集する新しい精液の前処理技術を開発し、森永酪農販売(株)、(独) 家畜改良センター、佐賀大学、佐賀県畜産試験場、農研機構、 富山大学、富山県農林水産総合技術センターらと共同で実証実験を行い、牛の精子の運動性について、直線的に … 全文を読む>>

『クリ「ぽろたん」のジョイント栽培マニュアル -早期成園化・低コストの樹形管理と防除技術-』を掲載

2018年3月22日

農研機構は、『クリ「ぽろたん」のジョイント栽培マニュアル -早期成園化・低コストの樹形管理と防除技術-』を作成、ホームページに掲載した。 マニュアルは、神奈川県農業技術センターが開発した樹体ジョイント技術をクリ品種「ぽろたん」に応用して、東北地方に新たなクリ産地を形成することを目 … 全文を読む>>

『新技術を導入した「シャインマスカット」栽培マニュアル 』を掲載

2018年3月22日

農研機構は、『新技術を導入した「シャインマスカット」栽培マニュアル』を作成、ホームページに掲載した。 マニュアルでは、開発した「シャインマスカット」の省力栽培技術、減農薬防除体系、収穫期延長技術、長期貯蔵技術の概要に加えて、新たに「シャインマスカット」導入を検討している生産者を対 … 全文を読む>>