提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

注目の農業技術



(農研機構)養豚場の汚水処理や堆肥化が抗菌性物質の環境排出を低減

2024年02月02日

農研機構は、養豚場での豚排せつ物の処理に焦点を当て、国内養豚場で一般的に採用されている排せつ物の処理法の汚水処理と堆肥化を対象に、抗菌性物質の残存と環境排出の実態を把握するとともに、処理過程での動態を調査した。その結果、汚水処理水(処理水)と堆肥に残存する抗菌性物質は処理前の排せつ物そのものより減少しており、処理することで環境排出リスクが低減されることが明らかになった。一方で、養豚場における抗菌性物質の使用量や処理施設の運転条件など様々な要因により、環境排出リスクの度合いに差があることが示された。
本研究の成果は、養豚場から環境への抗菌性物質の排出実態と排せつ物処理過程における動態を包括的に明らかにしたもので、排出制御に向けた対策の基礎情報となる。


詳細はこちらから