提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

注目の農業技術2023年11月


(農研機構)2種類の新規ヨーネ病遺伝子検査キットを製品化-感染牛の早期発見と診断精度の向上でヨーネ病清浄化へ貢献-

2023年11月30日

農研機構と(株)ニッポンジーンは、主に牛の病気であるヨーネ病の新しい診断薬として、2種類の遺伝子検査キット「ヨーネ・ファインド」及び「ヨーネ・ファインドプロ」を製品化した。 スクリーニング検査に用いる「ヨーネ・ファインド」は、現行検査法より半年以上早く感染牛を発見でき、確定検査に … 全文を読む>>

(国際農研)西アフリカ半乾燥地域の重要作物ササゲに対する気候変動の影響を収量予測モデルにより推定―干ばつとともに過湿への対策が必要になることを示唆―

2023年11月28日

国際農研、農研機構、国立環境研究所、東京大学、ブルキナファソ農業環境研究所の共同研究グループは、西アフリカの重要なタンパク質源であるマメ科作物のササゲについて、現地の詳細な栽培試験データを適用することで、乾燥ならびに過湿条件下における収量予測モデルの精度を改善するとともに、最新の … 全文を読む>>

(農研機構)沖縄向けサツマイモ基腐病抵抗性 新品種「おぼろ紅」を育成~加工原料として沖縄県内の紅いも不足解消の一助に~

2023年11月21日

農研機構は、サツマイモ基腐病に抵抗性のある、沖縄向け加工原料用新品種「おぼろ紅」を育成した。 主な用途となる紅芋タルト等への加工にあたっては、主要品種である「ちゅら恋紅」と混用することで、濃い紫色を保ちつつ風味や食味が改善される。サツマイモ基腐病の被害に悩まされている沖縄県内の産 … 全文を読む>>

(農研機構)AIを活用した「ばれいしょ異常株検出支援システム」の開発-健全な種ばれいしょ生産の軽労化と技術継承を目指して-

2023年11月 1日

農研機構は、種ばれいしょの安定供給を図る上で重要な工程である異常株の抜取り作業をAIで支援するシステムの開発に取り組んでいる。 本システムは、病害感染により生じたモザイク症状や萎れ症状などを、動画をもとにAIが検出し、作業者に異常株の存在を知らせることで、これまで熟練者により時間 … 全文を読む>>

アーカイブ

をクリックすると開きます