提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

注目の農業技術



(農研機構)茎枯病抵抗性のアスパラガス新品種 「あすたまJ」を育成-茎枯病発生ほ場でも高い収量が見込める革新的な抵抗性品種-

2023年10月30日

農研機構、香川県、東北大学及び九州大学は共同で、アスパラガス新品種「あすたまJ」を育成した。
本品種は、難防除病害であるアスパラガス茎枯病に抵抗性を有する日本固有種「ハマタマボウキ」とアスパラガスの種間雑種であり、茎枯病に対して、既存のアスパラガス品種の中では類のない高いほ場抵抗性を有することから、国内のアスパラガスの露地栽培に飛躍的な収量向上をもたらす品種として期待される。


詳細はこちらから