提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

注目の農業技術



(横浜市立大学ほか)画像解析AIを利用して植物の環境応答解析システムを開発~牧野富太郎の命名した植物の頑健性を解明~

2023年09月26日

横浜市立大学、エルピクセル(株)、筑波大学、チューリッヒ大学、農研機構、(株)ヒューマノーム研究所、京都大学、東京大学、金沢大学らの研究グループは、野外での植物の状態をモニタリングするAIを利用した画像解析システム(PlantServation)を開発し、色素量の変動を指標として植物の環境応答を解析できる手法を確立した。
本研究では牧野富太郎博士が名付けたことでも知られるタチスズシロソウなどの植物の画像データを400万枚以上収集し、解析。その結果、種間交雑に由来する植物が様々な環境に適応する頑健性をどのように示すのかを解明した。地球環境の変動による食糧生産への影響が危惧される中、実験室内ではなく野外の変動環境における植物の環境応答の研究は近年重要視されている。本研究で開発したAIを活用した研究手法は様々な作物や野生植物へ適用が可能で、生態学、進化学、農学などへの貢献が期待される。


詳細はこちらから