提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ

農業のポータルサイト みんなの農業広場

MENU

注目の農業技術



(農研機構)イネのカドミウム・マンガン輸送体タンパク質の働きを調節するアミノ酸部位を特定-安全性の向上と生産性を両立したイネの開発が可能に-

2022年12月06日

イネはOsNRAMP5という細胞膜に局在するタンパク質を使って、根からカドミウムとマンガンを同時に吸収する。農研機構は、このOsNRAMP5タンパク質を構成する337番目のアミノ酸が、カドミウムとマンガン輸送の調節に重要な部位であることを突き止めた。突然変異によって、この位置のアミノ酸がグルタミンからリジンに変化したイネでは両元素の吸収は抑制されるが、生育に必要なマンガン量は確保できる。本成果は、安全性の向上と生産性を両立した水稲品種の開発に役立つものと考えられる。


詳細はこちらから