提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



植物体表面温度の3次元計測技術を開発-従来できなかった植物全体の温度状況把握が可能に-

2022年09月26日

農研機構は、植物体表面の温度分布を3次元で高精度に可視化する技術を開発。温度分布の3次元像と可視画像の3次元像と重ね合わせることで、植物体の複雑な形状や色、表面温度が一体化した立体像を作成することが可能となった。
本技術は、温度変化を伴うような、植物の生理応答性を高精度に定量する技術の確立に貢献する。また、将来、本技術を基盤技術として農作物の環境ストレスや病害の早期検知技術等へ応用することも期待できる。


詳細はこちらから