提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)水稲の高温不稔を引き起こす穂の温度上昇には 湿度が強く影響-高温不稔の実態を国際的観測ネットワークで解明-

2022年09月08日

農研機構らの研究グループが構築した国際的な水田微気象観測ネットワークは、気温ではなく開花時間帯の水稲の穂の温度(穂温)を指標とすることで、温度や湿度条件の異なる様々な気候下の水田における高温不稔を統一的に評価できることを、世界で初めて実証的に明らかにした。その結果、高温で湿潤な気候の地域では蒸散に伴う気化冷却効果が小さく穂温が高くなりやすいため、高温不稔リスクが高いと推定された。
本評価手法を活用することで、世界の高温不稔の予測精度を向上させ、また高温不稔に対して適切な対策を講じることが可能となる。


詳細はこちらから