提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(岩手大学ほか)世界最高峰の晩抽性を持つハクサイ新品種「いとさい1号」-生産コストや環境負荷を低減し、安定生産を実現-

2022年06月23日

ハクサイは、早春にタネを播いて加温(暖房)せずに栽培すると、玉をつくらずに菜の花を咲かせて収穫できなくなる。
1983年に研究を開始し、2005年から岩手大学、(株)サカタのタネ、農研機構、岩手県の4者が共同研究を進めて育成したハクサイ新品種「いとさい1号」は、世界最高峰の花を咲かせにくい性質(晩抽性)持つ。加温や保温が不要になり、生産コストや環境負荷を低減した安定生産を実現する。


詳細はこちらから