提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)ドローン・AIによるスマート植生評価法の開発~イネ科牧草との混播草地におけるマメ科牧草割合をAIが推定~

2022年06月20日

農研機構は(株)バンダイナムコ研究所と共同で、ドローンと人工知能(AI)を用いて、イネ科牧草とマメ科牧草が混播された牧草地におけるマメ科牧草の被度を簡便に推定できる手法を開発した。
この成果により、手作業で行う画像解析の約5,000分の1の時間で、マメ科牧草割合を高精度かつ効率的に評価できるため、マメ科牧草の密度に合わせた施肥や不足するマメ科牧草の追加播種といった精密な草地管理が可能。また、混播に適したマメ科牧草の品種開発への利用も期待される。


詳細はこちらから