提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)水稲品種「にじのきらめき」の暑さ対策~高温条件下でも外観品質低下が少ないメカニズム~

2022年06月08日

近年の地球温暖化に伴い、登熟期が高温になりやすい地域での一等米比率の低下が深刻化する中で、農研機構が育成した水稲品種「にじのきらめき」は普及地域での4年間にわたる調査の結果、高い玄米外観品質が得られることが実証された。また、「にじのきらめき」には登熟期の高温条件下でも穂の温度が上がりにくい「高温回避性」のメカニズムを有することを明らかにした。


詳細はこちらから