提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構)イチゴのジャストインタイム生産に向けた生育センシングシステムを開発

2022年05月20日

農研機構は、イチゴのジャストインタイム生産の実現に向け、イチゴの生育情報を自動収集する生育センシングシステムを開発した。このシステムと生育モデルやAIを活用した生育制御技術とを組み合わせることで、イチゴの収穫日を将来的に高い精度で制御することが可能となる。今後、イチゴの需要が高まる時期と出荷の最盛期を確実に合わせることで、イチゴ農家の所得向上が期待される。


詳細はこちらから