提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ



(農研機構ほか)イネの成長と免疫のエネルギーバランスを調整する仕組みを解明。病気に強いイネの開発に期待

2022年05月19日

近畿大学、大阪大学、横浜国立大学、岩手生物工学研究センター、農研機構は共同研究により、イネが病原菌非存在下では不必要な免疫の活性化を抑制し、成長にエネルギーを消費できるよう調整していることを明らかにした。本研究成果により、病気に強いイネの開発に繋がることが期待される。


詳細はこちらから