提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


(農研機構)リンゴ果肉の褐変しやすさに関わる染色体領域を特定

2022年01月21日

農研機構と青森県産業技術センターは、大規模な遺伝解析により、リンゴ果肉の褐変しやすさに関わる染色体領域を3箇所特定し、これらの領域を選抜するためのDNAマーカーを開発した。本成果により品種改良の大幅な効率化が進み、果実をカットしても褐変しないリンゴ品種の育成が加速すると期待される。


詳細はこちらから