提供:(一社)全国農業改良普及支援協会 ・(株)クボタ


注目の農業技術2021年05月


高性能・シンプル構造のサトイモ分離機を開発

2021年5月31日

高性能・シンプル構造のサトイモ分離機を開発

1.はじめに  サトイモは古くから全国各地で栽培されていますが、栽培面積は1980年の約3万2000haをピークに減少し続け、近年は1万2000ha程度で推移しています。  生産の減少は、食生活の多様化や海外からの輸入増加による単価下落など … 全文を読む>>

大粒で食味の良いイチゴ新品種「千葉S4号(チーバベリーⓇ)」

2021年5月14日

大粒で食味の良いイチゴ新品種「千葉S4号(チーバベリーⓇ)」

千葉県のイチゴ生産と「千葉S4号(チーバベリー)」  千葉県におけるイチゴは、全国トップ10に入る70億円の産出額であり、栽培面積は222ha(平成30年度)でイチゴ狩りができる施設が県内に約100か所あります。「チーバベリー」(図1)の愛 … 全文を読む>>

(農研機構)有機質資材と被覆尿素肥料の窒素肥効を見える化するウェブサイトを公開

2021年5月14日

農研機構と国立環境研究所は、地温などの土壌条件に応じて、家畜ふん堆肥や植物油かすなどの有機質資材と被覆尿素肥料の窒素肥効を予測するアプリを開発し、日本土壌インベントリーのウェブサイトに公開した。 数分の簡単な入力作業により、作物にとって重要な肥料成分である窒素について、有機質資材 … 全文を読む>>